「証券会社レーティングまとめ」 一覧

10連休株見通し

10連休明けの国内株式市場に波乱はおこるのか?

10連休ゴールデンウィーク前に手仕舞い売り 投資家の間ではFRBハト派に傾き米国金利低下、ECBもそれに倣い、4月は外国人投資家が日本株を買い越す時期として日経平均株価は21500円台まで上昇回復した ...

新元号令和コンピューターシステム

新元号対応IT業界ビジネスソフトウェアがシステム改修

野村證券アナリストレポート IT・ビジネスソフトウェアセクターのレポートでは、5月1日午前0時から新元号に切り替わることを受け、システムインテグレーターやパッケージベンダー各社は、この1ヶ月間で顧客情 ...

TIW_insideレポート

TIWアナリストレポート日本株見通し日経平均予想レンジ引き下げ

日経平均株価見通しを引き下げ TIWアナリストレポートによる日本株見通しでは、足もとの経済指標や企業業績悪化が想定以上でなければ、ひとまず株価は反転する可能性があると指摘。米国の減税効果の息切れや債務 ...

トルコリラ取引FX会社

トルコリラ見通し、地方選通過もボラティリティに注意

トルコリラ相場見通し 3月31日にトルコ国内で地方選挙が行われ与党が敗北、景気が冷え込む中で選挙をきっかけとした国民の不満が高まりデモが起きる可能性に注意。三菱UFJモルガン・スタンレー証券では「足元 ...

ダブルトップ2番天井

日経平均株価は二番天井を打ち調整再開下放れを想定

日経平均チャート分析 SMBC日興テクニカル分析では、日経平均の中間反騰は21822円か22340円で二番天井を打ち、調整再開と指摘。ピークアウト後、1430~1960円幅の反落の可能性があるとみて、 ...

令和

新元号「令和」(れいわ)発表、祝賀ムード個人消費関連銘柄

新元号関連銘柄 大和証券は新元号関連銘柄としてHIS(9603)、KNT-CTHD(9726)、旅工房(6548)、アドベンチャー(6030)、エボラブルアジア(6191)、オープンドア(3926)、 ...

ゴールドマンサックス日本株見通し

ゴールドマンサックス日本株見通し3か月後のTOPIX予想引き上げ

日本株のリスク/リワードは比較的良好 ゴールドマンサックス証券による日本株見通しでは、海外の需要低迷は日本の輸出に影響を及ぼしているものの、設備投資と消費が安定していることから、景気後退の可能性は低い ...

メガバンク大手銀行

銀行株トップピックは三菱UFJフィナンシャルG株価に割安感強い

メガバンクMUFG社長交代人事 三菱UFJフィナンシャル・グループは2019年4月に社長交代となる。平野社長から三毛兼承次期社長への課題を検証しながら、野村證券投資情報レポートは同社株レーティング「B ...

エーザイ

サンバイオ決算説明会、エーザイ目標株価を大和証券が引き下げ

エーザイ(4523)投資情報レポート バイオ薬品企業の株価が大きく値振れしており、新興市場銘柄ではないのにエーザイは2日連続ストップ安。バイオジェンと共同開発のアルツハイマー病に効果がある治療薬のフェ ...

デイサービス介護ツクイ

ツクイ・デイサービス利用者数伸び率底入れと介護報酬引き下げの影響

介護報酬引き下げの影響でデイサービス利用者減少 介護のツクイ35年以上の実績でデイサービス、在宅介護が主力、サービス付き高齢者向け住宅など全国展開。3月22日、ツクイ2019年3月期決算予想を下方修正 ...

Copyright© 株式投資情報レーティングマガジン , 2019 AllRights Reserved.