「 月別アーカイブ:2019年05月 」 一覧

投資銀行インベストメントバンク

中国レアアース米国向け輸出規制を示唆、米中貿易戦争は長期化様相

グロース銘柄からディフェンシブ銘柄に資金シフト 5月29日の米国株式市場は大きく下落した、トランプ大統領が「中国との取引する準備は出来ていない」と発言したことで、米中貿易摩擦が長期化するとの懸念が高ま ...

ANA全日空JAL日本航空

日本航空はゴールデンウィーク10連休に伴う旅行需要増加で利益

10連休効果・運輸セクター 野村證券運輸セクターのレポートでは、4月~6月期決算に向けて評価が高まりそうな企業として、JR西日本、日本通運、商船三井、日本航空を紹介。JR西日本は、2020年3月期の山 ...

G20サミット2019

みずほ証券日本株見通しG20バリュー株が反発する可能性

6月G20 株式相場反発のタイミング みずほ証券日本株見通しでは、外国人の日本株売り vs 日銀ETF購入&自社株買いの構図が継続していると指摘。日経平均は20000円程度まで下落する可能性があるもの ...

TATERU-InvestorsCloud

TATERU株価急上昇、短期間でレオパレス21株価倍増が刺激材料

TATERU出来高急増・大幅高へ短期資金流入 東証一部市場ではレオパレス21株式を旧村上ファンドの色濃い投資会社レノが大量保有、その後も買い増し続けていることから短期間で株価倍増となった。 投資家と株 ...

東京製鐵

東京製鐵トップピック銘柄推奨、電炉セクター判断「強気」引き上げ

株主還元拡充が電炉株の魅力を高める 大和証券投資情報レポート電炉セクターのレポートでは、米中貿易摩擦が長期化の様相を呈する中、需要地生産体制、日米の堅調な建材内需、中国インフラ投資、スクラップ価格下落 ...

ドル人民元

米中対立激化で人民元下落、ドル円見通し109円~110円台中心

人民元下落、節目の1ドル=7元に接近 HUAWEI輸出規制問題で米中対立が激化、世界の株式市場は下落が目立ち、特に米国半導体企業の株かも大きく値を下げた。為替市場では1ドル=110円台半ばまでドル高の ...

銀行融資不動産ファンド

不動産ファンド業界、銀行の不動産向け貸出残高の過去最高更新が続く

銀行の全産業向け貸出残高は508兆2000億円 シェアハウス融資問題、アパート建築基準不適切問題など一部の企業不祥事から個人向けアパートローン残高が急減。銀行が融資基準を厳格化したことの影響で個人貸家 ...

スルガ銀行

大和証券がスルガ銀行レーティング「停止」八十二銀行、広島銀行

3地方銀行レーティング「停止」 大和証券は地銀三行の投資評価レーティングを停止した、今回レポートで紹介されているのはスルガ銀行(8358)、八十二銀行(8259)、広島銀行(8379)の3銘柄。 株初 ...

シャープ利益予想を下方修正カメラモジュール、小型Dis、スマホ売上減速

スマートフォン売上急減の業界情勢 白物家電の海外展開は順調だが、ホンハイグループの最終商品メーカーとして順調に成長戦略は推移しているが、カメラモジュール、小型ディスプレイ、スマートフォン向けの売上減速 ...

海外投資家・外国人投資家

4月は海外投資家が日本株を買い越し1年半ぶりの1兆6000億円

4月は株高アノマリー 4月は海外投資家が日本株を買い越す特別な月間として、株式市場のアノマリー化している。昨年12月から急落する株式相場に、今年もアノマリーが通用するのか投資家はやきもきしながら様子を ...

Copyright© 株式投資情報レーティングマガジン , 2019 AllRights Reserved.