証券会社レーティングまとめ

ゴールドマンサックス証券が日経平均先物を買い上げ踏み上げ相場余力

投稿日:

日経平均急落、一目均衡表の転換線を下回り基準線維持できるか注目

ゴールドマンサックス先物手口

日経平均株価が2万9000円台を突破してから、わずかな日数で3万円台を突破した。バブル崩壊後、約30年半ぶりの日経平均株価3万円台は利益確定売りが交錯する価格帯。

証券会社関係者の間で、日経平均上昇とゴールドマンサックス証券の先物買い手口が話題になっている。詳しく説明しているのは東海東京調査センターレポートで、ファーストリテイリング株価が日経平均株価を押し上げ。

同社株価が10万円を超えてから、売買呼び値が10円刻みから50円刻みに拡大したことが一段と日経平均株価の振れ幅を大きくした要因とみられている。

昨年末来の踏み上げで最低売り残は11億株から約3分の1に減少しったが、未だに4億株あり、まだ踏み上げ余力は残ってると思われる。日経平均が急落したことで一目均衡表の転換線を下回った。

今後、日経平均チャートの節目は基準線を維持するか、日足ローソク25日移動平均線を維持して反発するかが注目される。

踏み上げ相場チャート、主力株、NT倍率、信用需給4つの視点

おすすめ証券会社

岡三オンライン証券
SBIネオモバイル証券
auカブコム証券
岩井コスモ証券
丸三証券
マネックス証券
LINE証券

LINE証券

大手3証券会社のレーティング情報一覧

コード 銘柄 レーティング 目標株価
SMBC日興 3487 CREロジスティクスファンド投資法人 新規 1 200,000
1808 長谷工コーポ 2 2 1,300 1,350
1969 高砂熱学 2 2 1,600 1,700
1979 大気社 2 2 3,270 3,250
3436 SUMCO 1 1 2,150 2,800
4063 信越化学 1 1 16,500 20,500
8804 東京建物 2 2 1,620 1,760
1721 コムシスHD 2 2 3,750
1951 協和エクシオ 2 2 3,150
野村證券 6845 アズビル Buy Neutral 4,950
6113 アマダ Neutral Neutral 1,240 1,420
7740 タムロン Buy Buy 2,800 3,000
2281 プリマハム Neutral Neutral 3,000 3,250
5741 UACJ Neutral Neutral 2,070 2,670
2296 伊藤ハム米久 Neutral Neutral 770 810
1605 国際石油開発帝石 Neutral Neutral 560 860
6988 日東電工 Buy Buy 9,740 10,700
大和証券 9759 NSD 2 2 2,100 2,300
9613 NTTデータ 1 1 2,000 2,300
6594 日本電産 1 1 8,100 17,500
6361 荏原製作所 3 3 3,300 4,000
2587 サントリー食品インターナショナル 3 3 3,800 3,900
6273 SMC 2 2 69,000 70,000
7203 トヨタ自動車 2 2 8,200 9,400
7309 シマノ 3 3 23,500 25,500
8279 ヤオコー 2 2 8,000 8,100
3769 GMOペイメントゲートウェイ 2 2 13,900 16,800
8411 みずほフィナンシャルグループ 2 2 1,500 1,850
9449 GMOインターネット 2 2 3,190 3,840

-証券会社レーティングまとめ
-, ,

Copyright© 株式投資情報レーティングマガジン , 2021 AllRights Reserved.