「 月別アーカイブ:2018年07月 」 一覧

日経平均株価テクニカル

SMBC日興テクニカルポートフォリオ2銘柄削除、1銘柄を新規採用

日経平均株価25070円~26780円処へ上昇の可能性 SMBC日興証券テクニカル分析レポートでは、日経平均株価は8月~10月に25070円処以上へ上昇して天井打ち、10月までは業種内二極化、10月以 ...

M&A事業継承

M&Aキャピタルパートナーズ業績下方修正、ストップ安売り気配

M&Aキャピタルパートナーズ、ストップ安売り気配 後継者問題、事業継承問題で企業買収(M&A)市況が活発と思われたが、7月27日にM&Aキャピタルパートナーズ(6080)が発表した4月~6月期の決算内 ...

松井証券

松井証券創業100周年記念配当、総額100億円は配当利回り魅力的

松井証券は配当利回り魅力の銘柄 インターネット専業証券会社大手の松井証券(8628)は7月26日に、2019年3月期第一四半期決算(2018年4月~6月期)を発表した。純営業収益71億円、経常利益42 ...

中国関連株vs米国関連株

中国関連株よりも米国関連株を「買い」で狙いサマーラリー

懸念の本尊は中国景気だが日本株サマーラリーの可能性も SMBC日興証券による日本株見通しでは、外需業種のリターン悪化はここからの業績大幅悪化を織り込んだ水準で、「一部でも拾っておくべき」と指摘。外需を ...

中国FA鈍化

中国関連株、売上高予想を減額してTHK、安川電機投資判断格下げ

中国関税問題で成長鈍化 中国FA(ファクトリーオートメーション)需要が鈍化すると警戒されている。東京市場ではファナック(6954)がネガティブサプライズ決算後に2万6000円台から、2万円寸前まで株価 ...

テクニカルチャート分析

テクニカル分析日経平均株価見通し7月末までに2万2000円割れ

NT倍率13.06倍で天井となり日経平均2万2500円を下回ると下落加速 7月の日経平均株価見通しは、23000円超えに失敗しており、これで5月、6月に続き2万3000円に接近すると、戻り売りが待ち構 ...

メルカリ投資判断

メルカリ投資判断オーバーウェイト不用品を宝に変えるニッチサービス

メルカリ「強気」外資系2社が新規カバレッジ 2018年の大型IPOメルカリレーティングを新規「オーバーウェイト」に格付けしたことが市場の注目材料。株価は4日続伸、直近では大量保有報告書にて海外ファンド ...

三井住友中小型株ファンド

中小型成長株セクターCYBERDYNEを新規採用トップピックはTATERU

中小型成長株セクター17銘柄カバレッジ SMBC日興証券「中小型成長株セクター」では現在17銘柄をカバレッジ。7月19日付けレポート「中小型成長株月報2018年7月」では、暑い夏の終わりが再加熱タイミ ...

不動産新聞

住友不動産、オープンハウス、東急不動産HD株を大手証券が推奨

買い推奨3銘柄、不動産セクター投資戦略 SMBC日興証券が不動産株式投資レポートを発行、「不動産セクター2018年後半の投資戦略」と題して、5月本決算発表後に株価が低迷している不動産株は材料出尽くし感 ...

化学セクター投資注目株

化学セクター投資戦略&注目株-SBI証券投資情報ツール

アナリストレポート化学セクター SBI証券投資情報、化学・合繊セクターのレポートでは、日本の化学メーカーは独自技術に基づく自社開発製品を有し、そのなかには世界シェアトップのものが数多く見受けられると指 ...

Copyright© 株式投資情報レーティングマガジン , 2018 AllRights Reserved.