「 月別アーカイブ:2019年04月 」 一覧

Tencent-Nintendo

任天堂TencentがNintendo Switchを中国で発売に向け審査プロセス

任天堂株価が約6か月ぶりに4万円台を回復 任天堂株価にポジティブ材料、4月19日の東京証券取引所では任天堂株売買代金が全市場1位、3500億円を超える大商い、株価は前日比4850円高の39200円と急 ...

貸借取引の利用制限措置

日経ダブルインバース仕掛けのタイミング10連休=リスクは本当?

空売り品貸料が連休中に11日分発生は買戻し要因 日経平均株価は4日続伸した後に売りに押される展開、株式ニュースでは「10連休は不意のリスクで株価下落の恐れがあるから注意して連休前にポジション調整の売り ...

楽天モバイル料金

楽天モバイル開始成長加速、投資判断「強気」→「買い」引き上げ

楽天(4755)投資判断「強気」→「買い」 携帯電話業界はNTTドコモが新料金プラン発表、従来よりも約4割の料金値下げになることが大きなニュースとなり、その前には総務省が5G周波数を携帯通信各社へ周波 ...

野村證券

野村證券日本株投資戦略レポート日経平均株価TOPIX予想

2019年末の日経平均株価見通し2万2500円 野村證券が作成したレポート日本株投資戦略では、2019年度の会社期初ガイダンスは、2018年度比で概ね横ばいと予想。企業が期初ガイダンスを増益とするかど ...

ドル円相場見通し

理想買いから現実買い、機械株と半導体製造装置株に買い気配目立つ

FX取引-円高リスク警戒が話題 米国株高リスクオン、4月15日の東京株式市場は米株高・ドル高を受けて高く始まった。セクター別では機械株、半導体製造装置株が買い気配が目立ち、安川電機(6506)株価は年 ...

サイゼリヤIR投資家情報

サイゼリヤ決算ポジティブ営業増益転換で投資判断「買い」

サイゼリヤ6四半期ぶりに営業増益に転換ポジティブ 外食産業イタリアン料理のサイゼリアが2019年8月期上期決算発表、中間決算連結ベースの売上高は会社計画771億円に対して755億7700万円、営業利益 ...

無印良品計画

イオン決算営業利益2123億円、良品計画決算1.2%減益の営業利益447億円

イオン、良品計画、セブン&アイ決算発表 小売大手決算が始まり、セブンイレブン、イトーヨーカ堂(アリオ)、セブン銀行を展開するセブン&アイホールディングス(3382)はコンビニ人手不足の24時間営業見直 ...

大手銀行株の投資判断引き上げ

銀行株セクター投資判断「中立」三菱UFJ、SMBC、三井住友トラスト

銀行株セクター投資判断「中立」 大和証券銀行セクターのレポートでは、低位のバリュエーションにも支えられ下げ渋る展開も、カタリスト不足から株価本格回復の兆しも見られないと指摘。経済マクロ情勢から銀行株投 ...

マネーフォワード

マネーフォワード成長ポテンシャルの再評価へ「買い推奨」レポート

マネーフォワード株価レーティング マネーフォワード(3994)が年初来高値更新、325円高の4830円まで買い進まれる場面もあった。家計簿アプリ+フィンテック関連銘柄として個人投資家にも利用者が多く馴 ...

10連休株見通し

10連休明けの国内株式市場に波乱はおこるのか?

10連休ゴールデンウィーク前に手仕舞い売り 投資家の間ではFRBハト派に傾き米国金利低下、ECBもそれに倣い、4月は外国人投資家が日本株を買い越す時期として日経平均株価は21500円台まで上昇回復した ...

Copyright© 株式投資情報レーティングマガジン , 2019 AllRights Reserved.