証券会社レーティングまとめ

武田コンシューマーヘルスケアをブラックストーンへ約2300億円で売却

投稿日:

アリナミン製薬誕生、投資会社が2300億円で買収

武田コンシューマーヘルスケア株式会社が2021年4月1日から商号変更してアリナミン製薬になった。

武田薬品工業が大衆薬品を手掛ける子会社を投資会社へ売却するというニュースが医薬品業界のみならず、世間を驚かす大ニュースだったのは記憶に新しいことだ。

IR情報プレスリリースなどから売却金額は約2300億円、売却益は約1400億円となる。

2021年4月1日、武田コンシューマーヘルスケアは、「アリナミン製薬」へと社名が変わりました。
今回の社名変更を未来へのスイッチと捉え、新たなことへチャレンジしていきます。
もちろん、すべてのお客様に健康で豊かな毎日を送っていただきたい、その思いは変わりません。
各種製品は、製造工程、製造工場、製造技術者含めこれまでと変わらない体制でお届けいたします。
これからも引き続きのご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

アリナミン製薬

公式ページ https://alinamin-pharma.co.jp/company/newstart.html

おすすめネット証券

岡三オンライン証券
SBIネオモバイル証券
auカブコム証券
岩井コスモ証券
丸三証券
マネックス証券
LINE証券

LINE証券

大手3証券会社のレーティング情報一覧

コード 銘柄 レーティング 目標株価
SMBC日興 2782 セリア 3 2 3,400 4,100
6592 マブチモーター 1 2 4,800 5,100
8750 第一生命HD 1 1 2,100
野村證券 8803 平和不動産 Buy Buy 4,220 4,230
大和証券 4555 沢井製薬 停止
8586 日立キャピタル 停止

-証券会社レーティングまとめ
-, , , , ,

Copyright© 株式投資情報レーティングマガジン , 2021 AllRights Reserved.