「証券会社レーティングまとめ」 一覧

PluumTech電子タバコ

JT日本たばこ産業株を食品のコア銘柄として野村證券が推奨

Pluum TECH加熱式たばこは収益性が高い 野村證券は食品セクターのコア銘柄としてJT(日本たばこ産業)株を推奨。投資判断レーティング「BUY」、目標株価4100円、時価2753円からかい離率は4 ...

ソフトバンクショップ

ソフトバンク投資判断レーティング開始、上場から1か月目

ソフトバンク(9434)レーティング「OutPerform」 市場から資金吸収額が2兆6000億円と国内最大規模のIPOソフトバンク(9434)上場から1か月が経過した。公開価格1500円に対してソフ ...

中国スマホ工場

日本株市場見通し安川電機と日本電産業績下方修正でも株価底堅い

中国スマホ・半導体工場景気減速 1月15日に英国EU離脱協定案は大差で否決、中国では追加の経済支援を示唆、米国政府高官が対中国関税撤廃との発言が報じられるなど、株式市場は一気にリスクオンに傾いた。 S ...

大手銀行株の投資判断引き上げ

銀行株投資判断を引き下げ「強気」→「中立」世界的に長期金利が低下

銀行株投資は株価反発のカタリスト無し 大和証券が作成した銀行セクターのレポートでは、世界的に長期金利が低下し、日銀の金融政策変更期待も後退すると指摘。中短期的に大手銀行株価反発のカタリストは見出せない ...

野村證券日本株投資戦略3月末の日経平均は22000円

野村證券レポート 日本株投資戦略では、足元の株価反発は、パウエル議長が「データ次第」を「金融市場次第」に変えることで示現したと指摘。それでも、金融市場次第の金融政策は簡単ではなく、金融市場が過信してい ...

20119年の日経平均株価コンセンサス

2019年の日経平均株価高値コンセンサスは2万4000円

2019年の日経平均株価予想コンセンサス 大発会から波乱相場、大幅下落して始まった2019年の日本株市場は、企業業績と実力以上に売られ過ぎ。東証一部の騰落レシオも「売られ過ぎシグナル点灯」となっている ...

そーせいグループ

そーせいグループアストラゼネカのマイルストーン1500万ドル

そーせいグループ黒字化2019年の可能性 創薬バイオベンチャーのそーせいグループは、がん免疫療法開発で提携しているアストラゼネカ社から1500万ドルのマイルストーン受領を発表。株価は株式分割後に100 ...

携帯電話料金比較

為替予想は円高リスクを警戒、米国金利と国内携帯電話料金値下げ

国内携帯電話料金値下げ 2019年の為替見通し、特にドル円相場見通しついて東海東京調査センターは円高リスク警戒とレポートで紹介している。米国金融政策が利上げ打ち止めになるか今後の動向次第。 もうひとつ ...

海外機関投資家訪問

ゴールドマンサックス証券による日本株見通しと売られ過ぎ銘柄リスト

売られ過ぎで魅力的な銘柄 ゴールドマンサックス証券による日本株見通しでは、世界経済の成長は減速しているものの、過度の悲観は不要と指摘。2019年の日本株のリスク・リワードは良好、市場がマクロとミクロの ...

ファーストリテイリング

ファーストリテイリング株価見通しを引き下げ11%減益予想

ファーストリテイリング決算発表1月10日予定 野村證券はユニクロを国内外で展開するファーストリテイリング株価レーティングを「BUY」から「ニュートラル」へ格下げ、目標株価を73000円から58500円 ...

Copyright© 株式投資情報レーティングマガジン , 2019 AllRights Reserved.