「 投稿者アーカイブ:wpmaster 」 一覧

銀行融資不動産ファンド

不動産ファンド業界、銀行の不動産向け貸出残高の過去最高更新が続く

銀行の全産業向け貸出残高は508兆2000億円 シェアハウス融資問題、アパート建築基準不適切問題など一部の企業不祥事から個人向けアパートローン残高が急減。銀行が融資基準を厳格化したことの影響で個人貸家 ...

スルガ銀行

大和証券がスルガ銀行レーティング「停止」八十二銀行、広島銀行

3地方銀行レーティング「停止」 大和証券は地銀三行の投資評価レーティングを停止した、今回レポートで紹介されているのはスルガ銀行(8358)、八十二銀行(8259)、広島銀行(8379)の3銘柄。 株初 ...

シャープ利益予想を下方修正カメラモジュール、小型Dis、スマホ売上減速

スマートフォン売上急減の業界情勢 白物家電の海外展開は順調だが、ホンハイグループの最終商品メーカーとして順調に成長戦略は推移しているが、カメラモジュール、小型ディスプレイ、スマートフォン向けの売上減速 ...

海外投資家・外国人投資家

4月は海外投資家が日本株を買い越し1年半ぶりの1兆6000億円

4月は株高アノマリー 4月は海外投資家が日本株を買い越す特別な月間として、株式市場のアノマリー化している。昨年12月から急落する株式相場に、今年もアノマリーが通用するのか投資家はやきもきしながら様子を ...

takeda-shire

武田薬品工業決算発表「BUY」継続、Shire買収シナジー拡大は好印象

武田薬品株価カタリストShire買収シナジー効果 英国Shire買収で日本企業が海外企業買収額で史上最高額と話題になったM&Aから、投資家は巨額の資金負担増を警戒して武田薬品株価下落が続いてた ...

米中貿易戦争

日経平均見通し米中貿易交渉進展とともに日本株も再度上昇基調に回帰

日本株需給環境は悪くなく再度上昇する見通し 東海東京証券投資情報レポートによる日本株見通しでは、日本株は米国の対中強硬姿勢への転換から下落を余儀なくされているものの、需給環境は決して悪くないと指摘。自 ...

テクニカルチャート分析

日本株見通しテクニカル分析200日線割れや21500円の押し目買いスタンスを提案

日本株見通しテクニカル分析 東海東京証券による日本株見通しは、日経平均のテクニカルで200日線割れや21500円での押し目買いスタンスを提案。22500円台や長期のフィボナッチの23000円程度を上値 ...

バイオ医薬

みずほ証券バイオセクターのレポート、サンバイオ、JCRファーマ

バイオ医薬セクター株投資情報レポート みずほ証券バイオセクターのレポートでは、日本初のCAR-T細胞療法キムリアの薬価確定や、数億円の薬価になるとみられる遺伝子治療薬AVXS-101の日本承認が迫って ...

QR決済モバイル

クレジットカード業界レポート、キャッシュレス決済取扱高120兆円

QR決済市場成長余地が大きい ゴールドマンサックス証券が作成したクレジットカードセクターのレポートでは、キャッシュレス決済取扱高は2017年の60兆円から2025年には120兆円に倍増すると予想。Eコ ...

ショーワ

自動車部品メーカー決算予想、トップピック銘柄はショーワ

日産自動車系列の自動車部品メーカーは2期減産 三菱UFJモルガン・スタンレー証券によると、自動車部品メーカーは4月23日に小糸製作所(7276)を皮切りに2019年3月期決算発表が本格化する。三菱UF ...

Copyright© 株式投資情報レーティングマガジン , 2019 AllRights Reserved.