証券会社レーティングまとめ

日本郵政株価レーティング、ゆうちょ銀行株価下落で3兆円の減損損失計上

投稿日:

かんぽ生命保険業務停止・ゆうちょ銀行預金口座不正流出

ゆうちょ銀行

かんぽ生命保険の不正契約問題に続き、ゆうちょ銀行不正な資金流出が相次ぐ預金口座セキュリティ脆弱性など日本郵政グループは社会問題に発展する大きな事件が続出。

こうした中、2020年9月30日引け後、上期決算に於ける日本郵政単体での関係株式評価損の計上を発表。ゆうちょ銀行株価が保有簿価の50%となる866円を下回り、上期で3兆円の減損損失を計上した。

日本郵便は保険営業の自粛、かんぽ生命保険業務停止の影響で手数料収入の減少・減益となるが、宅配需要増加で郵便・物流事業は業績上振れの可能性あると指摘、大和証券は日本郵政レーティング「3」継続、目標株価870円→800円へ引き下げた。

株初心者おすすめ証券会社

岡三オンライン証券
SBIネオモバイル証券
GMOクリック証券
岩井コスモ証券
丸三証券
マネックス証券



大手3証券会社のレーティング情報一覧

コード 銘柄 レーティング 目標株価
SMBC日興 4919 ミルボン 新規 1 7,000
4917 マンダム 2 2 1,790 1,890
4921 ファンケル 1 1 3,760 3,420
7956 ピジョン 2 2 4,200 5,000
野村證券 7911 凸版印刷 Buy Buy 2,840 2,810
大和証券 4544 HUグループ 3 2 2,500 3,240
5947 リンナイ 3 3 7,600 11,000

-証券会社レーティングまとめ
-, ,

Copyright© 株式投資情報レーティングマガジン , 2020 AllRights Reserved.