証券会社レーティングまとめ

2018年マンションの年間発売戸数が前年比3.7%増の80256戸

投稿日:

マンション販売動向は好調を維持

野村證券不動産セクターのレポートでは、2018年のマンションの年間発売戸数が前年比3.7%増の80256戸、発売総額は4.2%増の3兆8192億円となったことを受け、寡占化で市況は安定、近畿圏は投資用マンションデベが上位独占と指摘。

首都圏では大手の財務体質が強い総合デベロッパーへの寡占化が進み、マンションの販売ペースがスローダウンしても価格は堅調に推移する可能性が高いとみているものの、株式市場でのマンション関連株の評価は高まりづらい状態が続くと予想。個別では、プレサンスコーポレーションの買い推奨を継続しています。

都心に住む by SUUMO (バイ スーモ) 2019年1月号

大手3証券会社のレーティング情報一覧




コード 銘柄 レーティング 目標株価
SMBC日興 1944 きんでん 2 2 1,950 1,900
1969 高砂熱学 1 1 2,250 2,150
3288 オープンハウス 1 1 6,600 5,700
6592 マブチモーター 2 2 7,100 5,400
1979 大気社 2 2 3,600
6724 セイコーエプソン 3 3 1,600
野村證券 4502 武田薬品 保留 Buy 6,200
8963 インヴィンシブル Buy Buy 68,000 70,000
3405 クラレ Buy Buy 2,000 1,870
4326 インテージHD Neutral Neutral 1,010
大和証券 6758 ソニー 1 1
7733 オリンパス 2 2 4,160 5,300
8306 三菱UFJFG 2 2
2222 寿スピリッツ 3 3 5,300 4,200
3861 王子HD 3 3 790 690
3863 日本製紙 3 2 2,000 2,500
3880 大王製紙 3 3 1,400 1,300
3941 レンゴー 3 3 900 930
8331 千葉銀行 2 2

-証券会社レーティングまとめ

Copyright© 株式投資情報レーティングマガジン , 2019 AllRights Reserved.