証券会社レーティングまとめ

ソフトバンク携帯電話料金引き下げ政策で「Neutral」レーティング再開

投稿日:

菅内閣は携帯電話料金引き下げ政策

安倍首相が歴代1位の長期在任期間を終え、自民党の菅内閣が誕生した。官房長官時代から携帯電話料金引き下げに意欲が強く、今後将来的にNTTドコモ、au(KDDI)、ソフトバンク、楽天など携帯電話キャリアの収益・利益率が低下するとの懸念が投資家の間で予想されている。

三菱UFJモルガン・スタンレー証券アナリストレポートでは、ソフトバンク(9934)の投資判断レーティングを「ニュートラル」で再開、目標株価1450円とするレポートを発行した。

携帯電話キャリア

株初心者おすすめ証券会社

岡三オンライン証券
SBIネオモバイル証券
GMOクリック証券
岩井コスモ証券
丸三証券
マネックス証券

大手3証券会社のレーティング情報一覧

コード 銘柄 レーティング 目標株価
SMBC日興 4919 ミルボン 新規 1 7,000
4917 マンダム 2 2 1,790 1,890
4921 ファンケル 1 1 3,760 3,420
7956 ピジョン 2 2 4,200 5,000
野村證券 7911 凸版印刷 Buy Buy 2,840 2,810
大和証券 4544 HUグループ 3 2 2,500 3,240
5947 リンナイ 3 3 7,600 11,000

-証券会社レーティングまとめ
-, ,

Copyright© 株式投資情報レーティングマガジン , 2020 AllRights Reserved.