証券会社レーティングまとめ

第一フロンティア生命保険の危険準備金取崩益の減少

投稿日:

第一生命保険グループ業績発表利益減少

第一生命ホールディングスが発表した2021年3月期第1四半期決算は、銀行系証券アナリストがネガティブな印象とコメントしている。未定だった通期会社計画も同時に発表、上限300億円の自己株式取得も発表されたが市場関係者からは好材料と悪材料の抱き合わせ発表で中和させようとの意図が見えるとの意見も聞かれた。

第一生命グループ修正利益予想1800億円は、前期比945億円の減少で投資家からネガティブとの印象が強まりそう。減益要因は第一生命保険の金融派生商品損益悪化、第一フロンティア生命保険の危機準備金取崩益の減少、アメリカ子会社 Protective の保険金支払い増加、市況悪化要因など。

第一フロンティア生命保険におけるMVA関連損益がアナリストの予想が出来なかった為に、第一生命ホールディングス業績予想が市場予想コンセンサスを下回ったと分析している。

※MVAとは
Market Value Adjustment の略で日本語では市場価格調整の意味。

第一フロンティア生命保険保有契約残高

2019年度末 2020年度第1四半期末
件数 金額 件数 前年度比 金額 前年度比
個人保険 692 4,377,536 682 98.5 4,489,656 102.6
個人年金保険 915 4,215,064 911 99.6 4,372,670 103.7
団体保険
団体年金保険

第一フロンティア生命
生命保険 相談

第一フロンティア生命保険新規契約高

2019年度第1四半期累計 2020年度第1四半期累計
件数 金額 新規契金額 件数 前年同期比 新規契約金額
個人保険 38 251,336 251,336 8 22.4 59,131
個人年金保険 27 112,564 112,564 11 43.5 49,833
団体保険
団体年金保険

株初心者おすすめ証券会社

岡三オンライン証券
SBIネオモバイル証券
GMOクリック証券
岩井コスモ証券
丸三証券
マネックス証券
LINE証券

【SBIネオモバイル証券】FX口座開設

大手3証券会社のレーティング情報一覧

コード 銘柄 レーティング 目標株価
SMBC日興 1878 大東建託 2 2 11,900 10,400
9613 NTTデータ 1 1 1,900
野村證券 4483 JMDC Neutral Neutral 6,600 6,900
8354 ふくおかFG Neutral Neutral 3,050 1,950
7186 コンコルディア Neutral Neutral 520 400
6465 ホシザキ Buy Buy 11,000 10,000
9435 光通信 Neutral Neutral 26,400 26,700
大和証券 6028 テクノプロ 2 3 6,300
9989 サンドラッグ 2 2 3,800 4,200
6849 日本光電 2 2 4,000 4,100
8591 オリックス 1 1 2,200
9783 ベネッセHD 2 2 3,500

-証券会社レーティングまとめ
-,

Copyright© 株式投資情報レーティングマガジン , 2020 AllRights Reserved.