投資株テーマ

医療機器メーカー投資判断、野村證券とUBS証券が特集レポート発行

投稿日:

IVD(臨床検査)業界レポート

野村證券は広義IVD(臨床検査)業界レポートをリリース、日本医療機器国論、臨床検査編として強みのある医療機器メーカーを分析・紹介するレポートを出した。足元では日本ライフライン(7575)が2016年10月20日につけた上場来高値5920円を奪回する上昇トレンドが続いているように、心臓カテーテル手術関連に強みを持つ同社株を機関投資家が評価している。

野村證券だけでなくUBS証券も同時期に「医療機器セクター」レポートをリリースしており、朝日インテック(7747)をトップピック銘柄推奨、テルモ(4543)、日本ライフライン、シスメックス(6869)、日本光電(6849)、オリンパス(7733)などを紹介している。

野村證券の臨床検査業界の投資推奨銘柄は、シスメックス、栄研化学(4549)、島津製作所(7701)を挙げている。特にシスメックスは既存事業の成長継続と次世代製品の成長が両方進むことが注目点になっている模様。

日本ライフライン




シスメックス(6869)
栄研化学(4549)
島津製作所(7701)
朝日インテック(7747)
テルモ(4543)
日本ライフライン(7575)
日本光電工業(6849)
オリンパス(7733)

-投資株テーマ
-

Copyright© 株式投資情報レーティングマガジン , 2017 AllRights Reserved.