証券会社レーティングまとめ

住宅ローン減税の特例措置2021年9月末までに契約し、2022年末までに入居

投稿日:

野村證券投資情報レポート

住宅ローン

野村證券住宅セクターアナリストレポートでは、住宅関連株に復調の兆しがあると指摘。7月~9月の国内住宅需要の強さは、4月~5月の緊急事態宣言下に取引ができず溜まった需要と、消費増税後に住宅を取得する人に対する住宅ローン減税の特例措置を享受するための駆け込み需要が集中したことが背景との見方があるため、2021年以降には再び国内の住宅需要が減少するとの懸念があると解説。

国内の雇用・所得情勢は悪化、住宅の取得センチメントが今後悪化するリスクがあるものの、住宅ローン減税の特例措置の適用対象となる条件を「2021年9月末までに契約し、2022年末までに入居へ」延長する可能性がでてきていることが新たな好材料になると評価しています。

大手3証券会社のレーティング情報一覧

コード 銘柄 レーティング 目標株価
SMBC日興 4901 富士フイルム 1 1 6,200 6,500
4902 コニカミノルタ 3 3 300 240
6724 セイコーエプソン 2 2 1,300 1,200
7752 リコー 1 1 1,100 900
2695 くら寿司 1 7,900
6588 東芝テック 2 2 3,200
6703 沖電気 2 2 1,000
7751 キヤノン 3 3 800
野村證券 3281 GLP投資法人 Buy Buy 194,000 221,000
1911 住友林業 Buy Buy 1,610 1,950
大和証券 3349 コスモス薬品 3 3 15,500
2379 ディップ 3 3 2,450 2,050

-証券会社レーティングまとめ
-,

Copyright© 株式投資情報レーティングマガジン , 2020 AllRights Reserved.