証券会社レーティングまとめ

日本株テクニカル分析で売り警戒サインが出ているトレンドに注意

投稿日:

中国関連株(設備投資関連・ロボット・半導体関連)

東海東京証券レポートのテクニカル分析では、年初からのリバウンド相場により、上値余地は小さくなっていると指摘。利益確定からポジションを減らしつつ選別投資を強化し、個別での利益の積み上げを継続したいとして、年初来高値を更新した銘柄のトレンド逆転が警戒サインや明確な売りサインになると解説。

日本の中国関連景気敏感株(設備・ロボット・半導体関連)はテクニカルで売り警戒サインが出ているため、日本株の上値を抑える要因になる可能性があるとコメントしています。

一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学

株初心者おすすめ証券会社

岡三オンライン証券
SBI証券
GMOクリック証券
岩井コスモ証券
丸三証券
マネックス証券

大手3証券会社のレーティング情報一覧




コード 銘柄 レーティング 目標株価
SMBC日興 3479 TKP 1 1 4,960 4,300
4324 電通 1 1 6,900 6,300
4911 資生堂 1 1 9,320 9,200
7956 ピジョン 1 1 6,600 5,500
9603 HIS 1 1 5,000 5,100
2211 不二家 2 2 2,500
5423 東京製鉄 1 1 1,160
野村證券 5711 三菱マテリアル Neutral Neutral 2,830 2,650
4681 リゾートトラスト Buy Buy 2,300
大和証券 6448 ブラザー 2 2 3,300 2,300
6592 マブチモーター 3 3 5,800 3,900
7296 エフ・シー・シー 2 2 3,300 2,800
1332 日本水産 3 3 540 750
2229 カルビー 3 3 3,600 3,100
2270 雪印メグミルク 2 2 3,500 3,200
2768 双日 2 2 480 460
3402 東レ 2 2 1,260 970
4996 クミアイ化学 3 3
6925 ウシオ電機 3 3
8015 豊田通商 3 3
8020 兼松 2 2 1,630 1,600

-証券会社レーティングまとめ

Copyright© 株式投資情報レーティングマガジン , 2019 AllRights Reserved.