証券会社レーティングまとめ

日本航空はゴールデンウィーク10連休に伴う旅行需要増加で利益

投稿日:

10連休効果・運輸セクター

野村證券運輸セクターのレポートでは、4月~6月期決算に向けて評価が高まりそうな企業として、JR西日本、日本通運、商船三井、日本航空を紹介。JR西日本は、2020年3月期の山陽新幹線収入が高いとみて、日本通運は働き方改革に伴う超過残業の抑制、航空貨物の需要減速に伴う購入する航空スペース単価下落により2020年3月期は会社計画よりも営業減益が小さくなると想定。商船三井はドライバルク事業等が保守的、事業環境は悪くないとみて、日本航空は10連休に伴う旅行需要増加で利益が伸びやすいと評価しています。

株初心者おすすめ証券会社

岡三オンライン証券
SBI証券
GMOクリック証券
岩井コスモ証券
丸三証券
マネックス証券

大手3証券会社のレーティング情報一覧




コード 銘柄 レーティング 目標株価
SMBC日興 2875 東洋水産 2 2 4,000 4,750
2897 日清食品HD 2 2 6,820 7,300
6995 東海理化 2 2 2,300 2,000
9435 光通信 1 1 25,000 27,000
2269 明治HD 1 1 11,000
4423 アルネリア・ネット 1 1 1,600
8035 東京エレク 3 3 11,400
野村證券 6996 ニチコン Neutral Neutral 1,520 930
2002 日本製粉G Neutral Neutral 2,150 2,600
8035 東京エレク Buy Buy 20,841 20,313
2201 森永製菓 Neutral Neutral 5,300 5,800
9375 近鉄エクスプレス Neutral Neutral 2,100 1,650
大和証券 2607 不二製油 2 2
3360 シップHD 3 2 4,600 5,400
4502 武田薬品 2 2 5,600 4,500
5401 日本製鉄 3 3 2,100 1,800
5406 神戸製鋼所 3 4 940 630
5411 JFEHD 3 3 2,100 1,700
6471 日本精工 3 3
6752 パナソニック 3 3 1,100 950
6952 カシオ計算機 2 2 1,900 1,400
9740 CSP 新規 2 7,750
2269 明治HD 3 3 9,000 8,400
5201 AGC 3 3 4,000 3,600
5202 日本板硝子 2 2 1,100 850
5214 日本電気硝子 2 2 3,200 3,000
6302 住友重機械 3 3 4,000 3,800
7011 三菱重工 3 3 4,300 4,800
7575 日本ライフライン 3 2 1,800 2,000

-証券会社レーティングまとめ

Copyright© 株式投資情報レーティングマガジン , 2019 AllRights Reserved.