証券会社レーティングまとめ

神戸製鋼所アルミ銅製品データ改ざん問題、株式市場の倫理・企業倫理

投稿日:

顧客と投資家が離れる前に企業体質変革を

老舗企業だけに取引先も企業規模も大きく、神戸製鋼所がアルミ銅製品の検査証明データ改ざんして出荷してたことはショックキングなニュース。当然ながら神戸製鋼所株価はストップ安まで売り込まれ、今日は大幅続落となっている。

投資家の関心は神戸製鋼所株価急落後に買いタイミングはあるのか?機関投資家から継続して売りが出るのか、株価下値目処はいくらなのか?という声が多い。チャンスがあれば暴落したリバウンドを狙いたい投資家が多い様子。

SMBC日興証券は10月11日付けレポートで、神戸製鋼所レーティング「2」継続、目標株価1250円を継続、データ改ざん問題による業績への影響は軽微との第一印象、しかし顧客サイドのリコール発生、その費用分担など不透明が多く、企業体質の変革を示さなければ顧客や投資家が離れていくと指摘している。

アナリストレポート無料で読める証券会社
岡三オンライン証券
SBI証券
GMOクリック証券
岩井コスモ証券
丸三証券
マネックス証券




大手3証券会社のレーティング情報一覧

コード 銘柄 レーティング 目標株価
SMBC日興 3227 MCUSB MidCity 2 1 410,000 455,000
8953 日本リテールF 2 1 258,000 270,000
8967 日本ロジ 2 3 255,000 230,000
8975 いちごオフィス 1 2 92,000
6502 東芝 2 2 260 330
5406 神戸製鋼所 2 2 1,250
7734 理研計器 1 1 2,720
野村證券 9989 サンドラッグ Buy Buy 5,000 5,400
6963 ローム Buy Buy 10,200 11,200
3088 マツモトキヨシ Neutral Neutral 6,700 7,600
大和証券 3978 マクロミル 1 1 3,000 3,500
4004 昭和電工 2 2 3,300 4,300
1377 サカタのタネ 2 2
5301 東海カーボン 2 2 900 1,360
8276 平和堂 2 2 2,900 2,800

-証券会社レーティングまとめ
-

Copyright© 株式投資情報レーティングマガジン , 2017 AllRights Reserved.