証券会社レーティングまとめ

東京オリンピック関連銘柄ゼネコンセクター投資判断を「強気」へ引き上げ

投稿日:

建設株投資判断-東京オリンピック関連銘柄

大和証券建設セクターのレポートでは、2021年3月期以降ゼネコンの完成工事総利益率低下リスクが急速に後退してきたと指摘。株式市場では東京オリンピック以降の績悪化リスクを相当織り込んだと推定、過度な悲観論が後退すれば、ゼネコン株の水準は見直される可能性があるとみて、セクター判断を「中立」から「強気」に引き上げ。注目銘柄として、大成建設、前田建設、熊谷組、五洋建設、コムシスHD、NIPPO、ライト工業を紹介しています。

松井証券つみたてデビュー応援!総額1億円還元キャンペーン

大手3証券会社のレーティング情報一覧




コード 銘柄 レーティング 目標株価
SMBC日興 4385 メルカリ 2 2 3,200 2,700
野村證券 2897 日清食品 Buy Buy 9,200 9,700
大和証券 4716 日本オラクル 3 3 8,000 8,600
7157 ライフネット生命 新規 2 800

-証券会社レーティングまとめ
-,

Copyright© 株式投資情報レーティングマガジン , 2019 AllRights Reserved.