証券会社レーティングまとめ

建設会社株レーティング、機関投資家ファンド選好銘柄は清水建設と大成建設

投稿日:

建設会社株の投資判断レーティング

建設・建材セクターのレポートでは、大手ゼネコンは業績モメンタムや株主還元動向に応じて相対パフォーマンスが変動する傾向が続いていると指摘。上半期会社計画を大幅に上回る可能性があるのはTOTOとみて、大成建設は通期業績計画を増額修正する可能性があると解説。

株主還元に関しては、2Q決算発表と同時に清水建設や鹿島が自社株買いを実施、大成建設やコムシスHDが追加実施する可能性が高いと予想。今後半年程度の選好銘柄として、清水建設と大成建設を取りあげています。

大手3証券会社のレーティング情報一覧

コード 銘柄 レーティング 目標株価
SMBC日興 7220 武蔵精密 新規 1 1,600
7988 ニフコ 新規 1 3,300
6504 富士電機 1 1 3,700 3,900
6762 TDK 1 1 13,100 15,200
6976 太陽誘電 2 2 3,300
6981 村田製作所 1 1 7,900
野村證券 2146 UTグループ Buy Neutral 3,000 3,300
5711 三菱マテリアル Neutral Neutral 2,340 2,200
5938 LIXILGグループ Neutral Neutral 1,740 2,070
大和証券 1911 住友林業 2 2 1,600 1,900

-証券会社レーティングまとめ

Copyright© 株式投資情報レーティングマガジン , 2020 AllRights Reserved.