証券会社レーティングまとめ

タカタ民事再生法適用申請に日本株影響は軽微で日経平均目標引き上げ

投稿日:

テーパリングの時期が早まり日本株上昇につながる

タカタ株主総会

国内調査金融マーケット調査機関TIWによる見通しレポートでは、7月第1週の米国経済指標が好調なら、「テーパリングの時期が早まるとの見方」からドル高・円安に振れやすく、日本株の底上げに繋がると指摘。タカタの民事再生法適用申請にも日本株市場は揺らがなかったことを評価し、積極的な株式ポジション増加&輸出株ウエイトを高めて7月に臨みたいと解説。「ポジション構築の時間」と位置づけ、日経平均妥当レンジを20450円~22100円から20700円~22400円に引き上げています。

アナリストレポート無料で読める証券会社
SBI証券
GMOクリック証券
岩井コスモ証券
丸三証券
マネックス証券




大手証券3社レーティング情報

コード 銘柄 レーティング 目標株価
SMBC日興 3064 MonotaRO 1 1 4,300
野村證券 3405 クラレ Neutral Neutral 1,780 2,140
8359 八十二銀行 Neutral Neutral 660 700
8366 滋賀銀行 Neutral Neutral 600 560
8385 伊予銀行 Neutral Neutral 850 900
大和証券 4716 日本オラクル 2 2 6,600 7,340
8227 しまむら 2 2
8397 沖縄電力 2 2

-証券会社レーティングまとめ
-, , , ,

Copyright© 株式投資情報レーティングマガジン , 2017 AllRights Reserved.