証券会社レーティングまとめ

中国テンセントが13年ぶりの減益、中国株下落は日本株に影響

投稿日:

米国株が上昇しても中国株下落で日本株軟調

WeChatテンセント

先週末からトルコリラ急落ショックが8月14日に一転して日経平均株価が498円高となったが、米国株式市場が上昇しても中国株価が下がると日経平均株価が下落する懸念を市場関係者の間で話題となっている。

テンセント減益は米国IT関連株の上値を重たくする心配があり、ナスダック総合指数の今後の値動きに注意が必要。

先物市場では14日に急騰した買い手口の野村證券が意外なことに15日に売り越しに転じていなかった。2日間の平均コストとみられる2万2300円は戻り売り圧力が大きそうです。

大手3証券会社のレーティング情報一覧

コード 銘柄 レーティング 目標株価
SMBC日興 5801 古河電工 2 2 5,500 4,900
5803 フジクラ 2 2 960 860
5802 住友電工 2 2 1,930
9201 日本航空 1 1 4,900 4,400
9202 ANAHD 2 2 4,600 4,200
野村證券 1605 国際帝石 Buy Buy 1,670 1,520
3402 東レ Buy Buy 1,190 940
7943 ニチハ Neutral Neutral 4,200 3,680
9984 ソフトバンクG Buy Buy 13,030 13,830
大和証券 6702 富士通 1 1
6758 ソニー 1 1 6,200 6,600
7202 いすゞ 1 1 2,000 2,150
9435 光通信 2 2 20,440 23,280
3632 グリー 2 2 690 610
5202 日本板硝子 2 2
5214 日本電気硝子 3 2 3,400 4,000
5401 新日鉄住金 1 1 3,600 3,200
5406 神戸製鋼所 3 3 1,200 1,000
5411 JFEHD 1 1
7269 スズキ 2 2 7,200 8,900
7272 ヤマハ発動機 2 2 4,000 3,900
8252 丸井G 1 1 2,600 2,700




アナリストレポート無料で読める証券会社

岡三オンライン証券
SBI証券
GMOクリック証券
岩井コスモ証券
丸三証券
マネックス証券

-証券会社レーティングまとめ

Copyright© 株式投資情報レーティングマガジン , 2018 AllRights Reserved.