証券会社レーティングまとめ

ジャパンディスプレイ再評価、投資格付け「A」を継続

投稿日:2018年12月24日 更新日:

ジャパンディスプレイ株価水準訂正余地

ネガティブなニュースが続きジャパンディスプレイ株価は、12月13日に50円まで下落して上場来安値を更新。わずか2ケタの超低位株となった。12月後半は経営再建模索の動きで12月18日に、92円の高値まで短期間で約2倍に迫る急上昇となった。

半導体関連は仮想通貨価格下落によるマイニング需要、データセンター向け需要が減少、フラットパネルディスプレイ(FPD)業界は、iPhone 生産減少報道、廉価版チャイナフォンの出荷減少、スマートフォンが一通り行きわたったことで需要減。

とりまく環境は厳しく、さらにINCJ(産業革新機構)の経営陣が揃って辞任するなど、混乱をきたしている。岩井コスモ証券はジャパンディスプレイ投資判断「A」継続、目標株価を200円→170円へ引き下げた。

今後、黒字転換が予想されること、スポンサー登場による増資が行われたとして、発行株式数が増加しても財務面の健全性が高まり、資本提携・業務提携によるメリットをポジティブと評価されよう。

ジャパンディスプレイニュース
参考スマホ・PCから簡単口座開設!今ならキャンペーン実施中
参考初めての方でも安心のサポート

株初心者おすすめ証券会社

岡三オンライン証券
SBI証券
GMOクリック証券
岩井コスモ証券
丸三証券
マネックス証券
松井証券

大手3証券会社のレーティング情報一覧




コード 銘柄 レーティング 目標株価
SMBC日興 6479 ミネベアミツミ 2 2 2,900 3,000
6995 東海理化 2 2 2,500 2,300
7731 ニコン 3 3 1,600
野村證券 8079 正栄食品 Neutral Neutral 5,000 3,700
7731 ニコン Buy Buy 2,441
3407 旭化成 Neutral Neutral 1,350
8871 ゴールドクレスト Buy Buy 3,290
大和証券 9706 日本空港ビル 2 2 4,630 4,700
7167 めぶきFG 3 3 400 330
7180 九州FG 3 3 550 500
7182 ゆうちょ銀行 3 3 1,450 1,300

-証券会社レーティングまとめ
-,

Copyright© 株式投資情報レーティングマガジン , 2019 AllRights Reserved.