証券会社レーティングまとめ

シカゴ投機筋の円売りポジション積み上がる、トランプ記者会見の発言に注目

投稿日:

米国債先物の空売りが過去最高を記録

シカゴ市場で米10年物国債の先物空売りが過去最高記録となった、1月3日の建玉は売り越し幅が34万4931枚となっており、1993年以降で最大の売り越し幅となっている。11月大統領選挙でトランプ氏が当選してからマーケットは「トランプラリー」と言われ、ダウ平均は20000ドル目前、ナスダック総合指数は5500ポイントを超えて過去最高値となっている。

米国金利上昇に伴いドル独歩高となってきた、日本にとっては「ドル高/円安=株高」となっていただけに、ドル下落の兆しがいくつか指標が出ていることで警戒感が高まってきている。そのタイミングで1月11日にはトランプ氏が大統領就任前に初めて記者会見を行う予定になっている。

為替・債券市場関係者は「トランプ記者会見でドル高けん制発言があるかないか」に注目だという。米10年国債の売りポジションは過去の例から25万枚を超えると金利上昇が止まり金利低下に向かうという。今回も同様に見られていたが過去最高水準まで空売りが積み上がっている。

トランプ氏によるドル高けん制の発言が無かったとしても、テクニカル面でもファンダメンタルズ面でも一旦はドル下落に向かいそうなところ。これがもし、トランプ記者会見でドル下落に結び付く発言があれば、最高水準に積み上がったポジションが巻き戻しになるとドル下落が予想される。市場関係者は11日の記者会見の内容に注目している。

IMM日本円ポジション 大口投機玉の買い越しポジションと価格推移

IMM-JPY-USD
データ出所:第一商品

参考JPモルガンがドル見通しについて臨時レポートをリリース
参考日経平均テクニカル:2017年の日経平均は前半安く、年後半に上昇
参考IPO情報シャノンは2017年最初の新規株式公開で初値パフォーマンス
参考口座開設キャンペーン!最大20,000円キャッシュバック!




大手証券レーティング投資判断一覧表

コード 銘柄 レーティング 目標株価
JPモルガン 4927 ポーラ・オルビス Overweght 12,600
野村 7649 スギHD Neutral Neutral 5,600 5,500
7701 島津製作所 BUY BUY 2,100 2,500
6849 日本光電 BUY BUY 3,700 4,000
6756 日立国際電気 BUY BUY 2,405 3,084
8233 高島屋 Neutral Neutral 900 1,050
大和 2659 サンエー 買い 買い 6,700 7,000
7974 任天堂 買い 買い 31,900 35,000

1月10日の日経平均株価は152円89銭安の19301円44銭と3日続落となった、為替市場ではドル円レートが1ドル=115円台にドル下落となっており投資家は慎重姿勢を継続。先週、トランプTwitterで、「トヨタ自動車がメキシコに工場建設するなら高い関税を払わせる」とTweetしたことで日本の自動車メーカー株が軒並み安。標的にされたトヨタ、それ以外にも日産自動車、マツダ、ホンダ、富士重工など不安視されて大幅安となった。10日ザラバにトヨタ株価がプラスになる場面があったが、再びマイナス圏に売りなされており今後の状況を見てからでないと投資家は動けない様子。

今迄、強気一辺倒で買い続けてきた外国人投資家の動向も気になる、米運用会社のキャピタルグループが任天堂株を一部売却していることがわかった。ポケモンGO相場で高値つかみした投資家が、スーパーマリオラン期待で株価上昇すると思いきや不発。今年の「Nintendo Switch」で任天堂株が値上がりして売り場が来るかと待ち構えているのに、同ファンドの売りはシコリ玉を持った投資家を失望させる材料となった。

参考5%ルール大量保有報告書 任天堂(7974)-キャピタル・リサーチ(売却)
参考トランプTwitterトヨタ影響「米国工場建設か多額の関税を払わせる」
参考トランプ記者会見「ドル高けん制発言を警戒」、手仕舞い売りが優勢に

-証券会社レーティングまとめ
-, , , , , , ,

Copyright© 株式投資情報レーティングマガジン , 2017 AllRights Reserved.