証券会社レーティングまとめ

日本株見通し戻り歩調続く-タチバナレポート(立花証券)

投稿日:

日本株相場予想-立花証券レポート

立花証券株式相場見通しでは、これまで日本株相場が主要国で最も出遅れていたのは、米中貿易摩擦激化に伴う世界景気の減速懸念と、円高進行に伴う企業業績の悪化懸念がダブルでのしかかっていたためと指摘。2つの悪材料がともに改善に向かうことで、今後の日本株に対する見方も変わってくるとみて、米長期金利上昇は日米金利差拡大を通じてドル高・円安に、足元の中東情勢の緊迫化で原油価格が急騰していることも円安要因に働くと解説。日本株の戻り歩調は持続すると予想しています。

大物 (第1部) (光文社文庫)

中古価格
¥1から
(2019/9/19 10:31時点)


立花証券創業者の石井氏が株式業界新聞社に務めていた時代、スターリン暴落を当てて兜町で一躍有名になった。「独眼流」の相場見通しと相場師としての生き方、その後は立花証券を創業する物語。

株初心者おすすめ証券会社

岡三オンライン証券
SBI証券
GMOクリック証券
岩井コスモ証券
丸三証券
マネックス証券

大手3証券会社のレーティング情報一覧




コード 銘柄 レーティング 目標株価
SMBC日興 2181 パーソルHD 1 1 3,300 3,000
3626 TIS 2 2 5,700 6,100
4739 CTC 2 2 2,700 2,800
6361 荏原 1 1 4,000 3,200
6471 日本精工 2 2 970 800
8056 日本ユニシス 2 2 3,000 3,200
9735 セコム 2 2 9,500 9,600
7518 ネットワン 3 3 2,500
2897 日清食品HD 新規 1 8,350
野村證券 1824 前田建設 Buy Buy 1,590 1,350
6326 クボタ Buy Buy 2,400 1,950
4384 ラクスル Neutral Neutral 4,700 4,210
エース証券 4563 アンジェス 中立 中立 850 750
3769 GMOペイメント NR NR
大和証券 4921 ファンケル 新規 3 2,850
3234 森ヒルズ 2 2 156,000 190,000
3471 三井不動産LP 2 2 370,000 460,000

-証券会社レーティングまとめ

Copyright© 株式投資情報レーティングマガジン , 2019 AllRights Reserved.