証券会社レーティングまとめ

節分天井となっても株価上昇トレンドは揺るがない強気相場継続

投稿日:

節分天井の彼岸底

節分天井の彼岸底

好スタートとなった2018年の株式市場は2万4000円を目前にして売り買い交錯、高値の節目で利益確定売りが出やすい1月という季節だけに想定内だが、丸三証券は「日経平均株価は2万7000円台乗せも視野に」とストラテジーレポートを発行している。

次に相場格言で「節分天井の彼岸底」と言われるが、昔から相場は節分に向けて上昇した後に、一服となり彼岸の時期に相場の底打ち、再び上昇するという意味で使われている。丸三証券による株式見通しでは「節分天井となっても株価の上昇トレンドは揺るがない」と説明している。

注目ビットコイン口座開設

GMOコインでビットコイン開始
安心・安全の仮想通貨取引所 みんなのビットコイン
QUOINEX仮想通貨口座開設
bitFlyerで仮想通貨ビットコインデビュー!
面倒な手続き不要Bittrade

参考今話題のロボアドバイザーで資産運用「WealthNavi」




大手3証券会社のレーティング情報一覧

コード 銘柄 レーティング 目標株価
SMBC日興 8591 オリックス 1 1 1,800 2,250
9983 ファーストリテ 2 2 42,000 48,000
野村證券 6857 アドバンテスト Buy Buy 2,903 3,201
9983 ファーストリテ Buy Buy 51,000 56,500
8028 ユニーファミマ Buy Buy 7,800 9,000
大和証券 2317 システナ 2 2
3636 三菱総研 3 3
3762 テクマト 2 2 2,050 2,300
3817 SRAHD 2 2
3844 コムチュア 2 2 2,750 3,380
3918 PCIHD 3 3
3965 CAP 1 1 3,660 4,270
4674 クレスコ 2 2
9739 NSW 3 3
2670 ABCマート 3 3 6,300 6,800
9787 イオンディライト 3 3
3543 コメダ 2 2
7581 サイゼリヤ 2 2 4,400 4,800
9948 アークス 3 3

-証券会社レーティングまとめ
-, ,

Copyright© 株式投資情報レーティングマガジン , 2018 AllRights Reserved.