証券会社レーティングまとめ

佐川急便上場と日立物流は持分法協業、主幹事は三菱UFJと大和証券

投稿日:

SGホールディングス佐川急便上場を年内準備

佐川急便上場の主幹事証券は三菱UFJモルガン・スタンレー証券と大和証券を選び、年内にも東証一部市場へ上場する準備が進んでいるという。佐川急便の持株会社SGホールディングスは日立物流株式を29%取得、日立物流は佐川急便株式の20%を取得して株式持ち合いをしている。

これまでの見方は日立物流と佐川急便が経営統合すると思われてたが、現在東証一部に上場する日立物流、別に佐川急便(SGホールディングス)が新規上場を検討している様子だ。

4月27日に日立物流の決算発表が行われた、野村證券は投資判断「ニュートラル」を継続、目標株価を2500円とした。物流倉庫の自動化を目指し設備投資を積極化、佐川急便との協業も進んで起きて将来の成長性は他社よりも高いと見られている。

ヤマト運輸とアマゾンドットコムの一件から、宅配便業界は大幅値上げをする動きで、トラック業界は同様に値上げをすると予想されている。2018年3月期の会社計画は営業利益295億円、新規受注10億円、生産性向上10億円、佐川急便と協業10億円の増加が見込まれている。




大手証券3社レーティング情報

コード 銘柄 レーティング 目標株価
SMBC日興 1944 きんでん 2 2 1,500 1,540
1969 高砂熱学 1 1 1,860
野村 1944 きんでん Buy Buy 1,704 1,805
4151 協和発酵キリン Buy Buy 2,500 2,600
4307 NRI Buy Buy 4,400 4,700
6857 アドバンテスト Buy Buy 2,411 2,568
3003 ヒューリック Neutral Neutral 1,060 1,100
4185 JSR Neutral Neutral 1,540 1,950
4204 積水化学 Neutral Neutral 1,800 1,810
4503 アステラス製薬 Neutral Neutral 1,700 1,600
6701 NEC Neutral Neutral 295 280
7518 ネットワン Neutral Neutral 870 1,000
8586 日立キャピタル Neutral Neutral 2,840 2,800
9086 日立物流 Neutral Neutral 2,400 2,500
大和 4452 花王 2 2 6,350 7,610
6436 アマノ 2 2
8984 ハウスリート 3 3
4206 アイカ工業 2 2 3,440 3,470

佐川急便事件の真相 (岩波ブックレット)

佐川急便事件―“飛脚便”が運んだ黒い金

証人喚問 (角川学芸出版単行本)

昭和、平成 震撼「経済事件」闇の支配者

-証券会社レーティングまとめ
-, , , , ,

Copyright© 株式投資情報レーティングマガジン , 2018 AllRights Reserved.