証券会社レーティングまとめ

急落後の株式相場見通し米国株式過去の例から底入れ時期を探る

投稿日:

株価急落から底入れ時期まで1-2か月

バーナンキショック

10月10日の米国株式市場はダウ平均が830ドル安と急落、米国株式市場では割安株よりも成長株が買われ、割高感が指摘されてたが「買うから上がる、上がるから買う」という循環になっていた。

10月11日の東京株式市場は米国株急落の流れで日経平均株価が一時、1000円を超える大幅安となった。市場関係者は米国株・日本株急落後の相場見通しに関心が高まっている。

9月26日にFOMCが今年3回目の利上げを実施、米国金利上昇と米中貿易摩擦懸念が今回の株価急落とされている。国内銀行系大手証券会社、三菱UFJモルガン・スタンレー証券がストラテジーレポートを発行した。同証券リサーチレポートは過去の例から、2013年5月バーナンキショック、2018年1月VIXショックは金利上昇と株式相場上昇ピッチの早さが問題となった。

バーナンキショックは底入れまでに約1か月、その後の高値更新まで約6か月要した。VIXショックは底入れまでに2か月、その後の高値更新まで約8か月の時間を要した。日経平均株価急落により予想PER13.08倍まで低下、アベノミクス相場開始から約6年で、PER13倍割れは割安と言う実績が残っている。




大手3証券会社のレーティング情報一覧

コード 銘柄 レーティング 目標株価
SMBC日興 5802 住友電工 2 2 1,930 1,840
9843 ニトリHD 1 1 19,000 18,000
4005 住友化学 1 1 740
野村證券 7532 ドンキホーテHD Buy 保留 6,800
3048 ビックカメラ Buy Buy 2,200 1,800
2651 ローソン Neutral Neutral 6,700 7,300
7581 サイゼリヤ Neutral Neutral 2,600 2,300
9983 ファーストリテ Buy Buy 60,000 73,000
大和証券 2670 ABCマート 3 3 7,600 7,200
4528 小野薬品 2 3 3,000 3,300
6183 ベル24 2 2
9787 イオンディライト 3 3 4,000 3,910

株初心者おすすめ証券会社

岡三オンライン証券
SBI証券
GMOクリック証券
岩井コスモ証券
丸三証券
マネックス証券

危機と決断 (上) 前FRB議長ベン・バーナンキ回顧録

-証券会社レーティングまとめ
-, , , ,

Copyright© 株式投資情報レーティングマガジン , 2018 AllRights Reserved.