証券会社レーティングまとめ

住友不動産、オープンハウス、東急不動産HD株を大手証券が推奨

投稿日:

買い推奨3銘柄、不動産セクター投資戦略

SMBC日興証券が不動産株式投資レポートを発行、「不動産セクター2018年後半の投資戦略」と題して、5月本決算発表後に株価が低迷している不動産株は材料出尽くし感が理由でパフォーマンス低下しているが割安感が強いと指摘。

イオンモール(8905)は海外ショッピングモールが利益創出ステージに入ったことを評価して、投資判断を「2」から「1」へ引き上げ。着実な利益成長、高ROE、バリュエーションが割安である銘柄選択として、住友不動産(8830)をコアとして、オープンハウス(3288)、東急不動産ホールディングス(3289)を推奨するとアナリストレポートで紹介している。

マネックス証券、新規口座開設51000円プレゼントキャンペーン

大手3証券会社のレーティング情報一覧

コード 銘柄 レーティング 目標株価
SMBC日興 2337 いちご 2 3 470 480
8871 ゴールドクレスト 3 2 2,100
8905 イオンモール 2 1 2,400
3003 ヒューリック 2 2 1,360
6674 GSユアサ 2 2 520
野村證券 4506 大日本住友製薬 Neutral Neutral 1,580 2,300
4519 中外製薬 Neutral Neutral 6,200 6,500
8977 阪急リート Neutral Neutral 144,000 151,000
8976 大和オフィス投資法人 Neutral Neutral 622,000 683,000
大和証券 2379 ディップ 2 2
3279 API投資法人 2 2
3283 プロロジスリート 2 2
5938 LIXILグループ 2 2
7762 シチズン時計 3 3




アナリストレポート無料で読める証券会社

岡三オンライン証券
SBI証券
GMOクリック証券
岩井コスモ証券
丸三証券
マネックス証券

-証券会社レーティングまとめ
-, , ,

Copyright© 株式投資情報レーティングマガジン , 2018 AllRights Reserved.