証券会社レーティングまとめ

無人レジ関連銘柄ヴィンクス大幅高、ニチダイ増担保解除を好感

投稿日:2018年3月12日 更新日:

米国ナスダック史上最高値、日経平均22000円に迫る

無人レジ関連銘柄ヴィンクス

週明けの日経平均株価は2月米国雇用統計で米国株式市場が大幅高の流れを受けて、先週末比502円高の21971円まで上昇、市場参加者の多くが2万2000円の節目を意識する中での株高は3日続伸。

ファナック(6954)やファーストリテイリング(9984)など値嵩株が日経平均株価上昇に貢献、半導体関連銘柄のコア、東京エレクトロン(8035)が3日続伸、この間の値幅は2135円の株価上昇となった。SUMCO(3436)、ディスコ(6146)、SCREENホールディングス(7735)など主要半導体関連株は米国ナスダック総合指数が史上最高値を更新していることから買われやすい。

JACリクルート(2124)は東海東京証券が目標株価2090円→2700円へ引き上げるレポートが好感されて234円高の2415円まで上昇、1月23日の高値2372円を1か月半ぶりに上回り年初来高値を更新した。鳥貴族(3193)は中間決算で進捗率50%を上回る利益水準だが、営業利益は前年比62.2%増ということが好感されて大幅高。エーザイ(4523)はメルクとの提携を引き続きポジティブ材料視、有機EL関連のブイ・テクノロジー(7717)は大口受注170億円を好感して続伸。

東証一部市場の値上がり率ランキング上位はヴィンクス(3784)がトップ、先週金曜日にドラッグストア大手ツルハホールディングス(3391)が、2025年までに全国店舗に無人レジを導入と報じられたことで、ヴィンクスは「無人レジ関連銘柄」として人気がついた。サムコ(6387)は業績上方修正を発表して値上がり4位、カナモト(9678)は第1四半期決算が好感されて値上がり5位となった。

JASDAQ市場ニチダイ(6467)が信用取引の増担保規制解除で個人投資家の資金流入、一時は555円高の3600円まで上昇して上場来高値を更新。明豊エンタープライズ(8927)も110円高の950円まで上昇して年初来高値を更新。外国人投資家向けに某リサーチレポートが英文で発行された、ルーデン・ホールディングス(1400)は45円高の580円まで上昇したが前引けは6円高の541円と上げ幅を縮小した。CLSAキャピタル証券では、カチタス(8919)レーティング新規「買い」中古住宅市場の成長で注目されている銘柄だが外資系証券レポートが話題となった。

注目ビットコイン口座開設

GMOコインでビットコイン開始
安心・安全の仮想通貨取引所 みんなのビットコイン
QUOINEX仮想通貨口座開設
bitFlyerで仮想通貨ビットコインデビュー!

アルトコイン訴求

参考仮想通貨取引所の選び方は安全性セキュリティおすすめ6社




大手3証券会社のレーティング情報一覧

コード 銘柄 レーティング 目標株価 前日終値
SMBC日興 2503 キリンHD 2 2 3,000 3,050 2,866.0
6869 シスメックス 2 2 6,700 8,100 8,640.0
CLSA証券 8919 カチタス 新規 買い 新規 4,600
大和証券 8267 イオン 3 3 1,600 1,650 1,770.5
3382 セブン&アイ 1 1 5,700 5,900 4,375.0
4996 クミアイ化学 3 3 720 660 631.0
5332 TOTO 2 2 4,600 6,100 5,630.0
7261 マツダ 3 3 1,720 1,500 1,377.5

ひふみ投信

 

-証券会社レーティングまとめ
-, , , ,

Copyright© 株式投資情報レーティングマガジン , 2018 AllRights Reserved.