証券会社レーティングまとめ

不動産「静かなるバブルの崩壊」が2016年後半から始まっている

投稿日:

「静かなるバブルの崩壊」ドイツ証券レポート

1月9日は三井不動産、三菱地所、住友不動産、NTT都市開発、野村不動産ホールディングスなど大手不動産会社の株価が大幅高となった。株式市場で出遅れている銘柄を買う動きと、海外投資家が日本の不動産を取得していることが株価上昇の材料となった。

ドイツ証券では、日本の不動産市場における最後のフロンティア、今後3年間で25歳から44歳までの日本人は300万人減少して東京でも生産年齢人口が減少していき、日本人のみの不動産需要に依存した経営は限界を迎えると予想。

2016年後半から「静かなるバブルの崩壊」が始まっており、2018年も継続する可能性が高いと指摘。少子高齢化は人手不足となり、静かなるバブル崩壊したでの移民大国への道は不動産セクターの構造変化を余儀なくさせると解説しています。

バブル:日本迷走の原点

注目ビットコイン口座開設

GMOコインでビットコイン開始
安心・安全の仮想通貨取引所 みんなのビットコイン
QUOINEX仮想通貨口座開設
bitFlyerで仮想通貨ビットコインデビュー!
面倒な手続き不要Bittrade

参考今話題のロボアドバイザーで資産運用「WealthNavi」




大手3証券会社のレーティング情報一覧

コード 銘柄 レーティング 目標株価
SMBC日興 4568 第一三共 3 3 2,100 2,500
7251 ケーヒン 2 2 1,900 2,200
8008 ヨンドシーHD 2 2 3,100 3,000
野村證券 7164 全国保証 Buy Neutral 4,900 5,300
8341 七十七銀行 Neutral Neutral 3,000 3,170
大和証券 1762 高松G 2 2 3,200 3,300
1801 大成建設 2 3 6,000 5,600
1802 大林組 2 2 1,700 1,500
1803 清水建設 2 2 1,400 1,300
1808 長谷工コーポ 2 2 1,600 1,900
1812 鹿島 2 3 1,150 1,100
1820 西松建設 2 2 3,600
1824 前田建設 2 2 1,500 1,700
1835 東鉄工 2 3 3,800
1861 熊谷組 1 1 4,300
1893 五洋建設 2 2 740 940
7211 三菱自動車 3 2 790 1,000
7649 スギHD 3 3
2432 DeNA 2 2 2,700 2,780

-証券会社レーティングまとめ
-, , , ,

Copyright© 株式投資情報レーティングマガジン , 2018 AllRights Reserved.