証券会社レーティングまとめ

「3月のターゲットリスト」SMBC日興証券による日本株見通し

投稿日:

「3月のターゲットリスト」

SMBC日興証券による日本株見通しでは、2018年は景気先行指標の電子部品デバイス在庫率悪化に沿ってPERが下落、「将来の景気悪化の可能性」を織り込んだ相場だったものの、現在では先行指標反転とともにPERが上昇していると指摘。

EPSは通常、先行指標に3ヵ月遅れて推移するため、3月まではEPSが下落する中でPERが上昇する相場になりやすいとみて、業績予想が3月まで悪化する可能性も考慮すると、日経平均株価2万2000円~2万2500円が「不透明感後退」のみによる戻りメドと試算。

「3月のターゲットリスト」には、来期業績の裏付けがありテーマのある銘柄を中心に選定。王子HD、三井化学、ラウンドワン、資生堂、太平洋セメント、ダイキン工業、日立製作所、ヤマハ、三菱商事、三菱UFJリースを新規採用しています。

株初心者おすすめ証券会社

岡三オンライン証券
SBI証券
GMOクリック証券
岩井コスモ証券
丸三証券
マネックス証券

大手3証券会社のレーティング情報一覧




コード 銘柄 レーティング 目標株価
SMBC日興 2914 日本たばこ 2 2 3,500 3,260
5232 住友大阪セメント 1 1 6,300 5,800
5233 太平洋セメント 1 1 5,300
野村證券 5021 コスモエネルギー Neutral Neutral 3,910 2,470
3088 マツモトキヨシ Neutral Neutral 3,100 3,800
5851 リョービ Neutral Neutral 4,200 3,000
1961 三機工業 Buy Buy 1,200 1,300
7911 凸版印刷 Neutral Neutral 3,060 2,520
4217 日立化成 Neutral Neutral 2,070 2,270
大和証券 6586 マキタ 2 2 5,500 4,500
6753 シャープ 3 3 2,650 1,400
6902 デンソー 3 3 6,700 5,300
6952 カシオ計算機 2 2 2,000 1,900
7309 シマノ 2 2 17,500 18,500
8985 ジャパンホテル 3 3
9735 セコム 3 2 9,300 11,000
4912 ライオン 3 3 2,150 2,260
5301 東海カーボン 1 1
5302 日本カーボン 1 1
5947 リンナイ 3 3 8,600 7,600
6508 明電舎 2 2
6857 アドバンテスト 2 2 3,000 3,100
8359 八十二銀行 3 3 500 480

-証券会社レーティングまとめ

Copyright© 株式投資情報レーティングマガジン , 2019 AllRights Reserved.