証券会社レーティングまとめ

5G開始した韓国株の中でも通信会社株価が底割れ下落は日本株にシグナル

投稿日:

SKテレコム、KTなど韓国5G通信会社株価が底割れ下落

2020年1月10日、安川電機決算発表を評価して買い気配からスタート。中国でのファクトリーオートメーションへの設備投資が回復傾向、中国輸入や韓国輸出の改善、アジア景気が最悪期を終えて反転しそうな兆し。

株式市場では半導体製造装置関連株が上昇トレンド継続、台湾TSMC決算発表待ち、設備投資増額が米国半導体株指数SOX指数の買いサインとなった様子。

大手証券投資情報部担当者は、5G投資が半導体株価上昇の要因とみており、TSMC決算発表1月16日は注目されている。相場が軟調となれば押し目買い好機、日本株は4G投資時期を参考にすると、2012年秋と同様に大型ハイテク株が動意づくタイミングと指摘。

その一方で、株式投資で注意したいのは世界で初めて5G通信開始した韓国企業の通信株が下落している点。「通信株はそろそろ大幅アンダーパフォームする頃だ」との証券会社レポートが投資家の間で話題となり、SKテレコム、KTなど韓国株式市場では5G関連銘柄の下落、株価底割れが日本の通信株への影響を注視。

SKテレコム株価下落

おすすめFX口座開設

ライブスター証券 ライブスターFX
★新取引アプリXFX:キャンペーン実施中★
みんなのシストレ
OANDA比べてくださいMT4トレード
ぱっと見テクニカル FXプライム byGMO
FXトレード・フィナンシャル≪取引手数料無料!≫
ヒロセ通商LION FX
マトリックストレーダー
各種キャンペーン開催中!【MT4・ZERO】

大手4証券会社のレーティング情報一覧




コード 銘柄 レーティング 目標株価
SMBC日興 7732 トプコン 新規 1 2,200
6588 東芝テック 1 2 3,700 4,500
6703 沖電気 2 2 1,700 1,650
野村證券 3382 セブン&アイ Buy Buy 4,500 5,500
4666 パーク24 Neutral Neutral 2,500 3,000
大和証券 2670 ABCマート 3 3 7,200
2979 SOSiLA 新規 2 130,000
5480 日本冶金工業 新規 2 2,730
6183 ベルシステム24 2 2 2,000
7733 オリンパス 2 1 1,800 2,200

-証券会社レーティングまとめ
-, , , , ,

Copyright© 株式投資情報レーティングマガジン , 2020 AllRights Reserved.