証券会社レーティングまとめ

オープンハウス目標株価8100円から4700円へ大幅引き下げ

投稿日:

不動産業界に変化の兆しマンション価格

マンション価格高騰を背景に、戸建て販売が好調なビジネスモデルのオープンハウス(3288)決算は、2018年9月期営業利益は前年同期比25.8%増の473億円、2019年期会社計画の営業利益は540億円。

大和証券は決算内容は日経観測記事通り、アナリスト予想想定並みで良好な内容。ホークワン買収効果840億円程度、米国で390億円を積み上げる一方で、収益不動産で180億円、マンションで150億円引き下げていると分析。

投資判断「1」(買い)を継続するが、今後6か月~12か月程度の目標株価を8100円→4700円へ変更すると紹介している。

銀行株投資判断「強気」継続、増配発表が相次ぐポジティブ印象

新築マンション鈍い販売状況、中古マンション成約件数はやや減少

大手3証券会社のレーティング情報一覧




コード 銘柄 レーティング 目標株価
SMBC日興 8871 ゴールドクレスト 2 2 1,900
野村證券 9065 山九 Buy Buy 6,700 6,800
2269 明治HD Buy Buy 10,000 9,700
3355 クリヤマHD Buy Buy 2,700 2,600
7296 エフ・シー・シー Buy Buy 3,900 3,750
4555 沢井製薬 Neutral Neutral 5,200 6,000
6871 日本マイクロ Neutral Neutral 808 783
9001 東武鉄道 Neutral Neutral 3,600 3,500
大和証券 1963 日揮 3 3 2,300 2,000
3288 オープンハウス 1 1 8,100 4,700
8410 セブン銀行 2 2 380 400
3659 ネクソン 1 1 2,000 1,750
3863 日本製紙 3 3
3941 レンゴー 3 3
7733 オリンパス 2 2 4,900 4,160
8279 ヤオコー 2 2 6,600 6,800
8958 グローバル 2 2 116,500 122,000

-証券会社レーティングまとめ

Copyright© 株式投資情報レーティングマガジン , 2018 AllRights Reserved.