証券会社レーティングまとめ

メルカリ新規「1」レーティング、大和証券投資情報レポート発行

投稿日:

銀行セクター投資情報のレポート

JPモルガン証券が作成した銀行セクター投資情報のレポートでは、2018年末にかけてグローバル銀行株を下落させた米金利低下、米中経済摩擦への懸念は、後退しつつあると指摘。邦銀は、世界景気減速リスクと日銀によるイールドカーブ上方修正の蓋然性の後退が重石としながらも、「2019年物価見通し引き下げは原油価格下落による一時的なものであり、経済ファンダメンタルズや物価の基調は大きく変わっていない」、「長引く低金利による金融システムへの影響を検証していく」、とする黒田総裁発言から、日銀が追加緩和に踏み切る蓋然性は低いと解説。PERはマイナス金利が導入された2016年の水準まで沈んでいるため、「再評価をうかがう状況に変わりはない」と評価しています。

株初心者おすすめ証券会社

岡三オンライン証券
SBI証券
GMOクリック証券
岩井コスモ証券
丸三証券
マネックス証券



大手3証券会社のレーティング情報一覧




コード 銘柄 レーティング 目標株価
SBI証券 3288 オープンハウス 新規 強気 6,000
9613 NTTデータ 新規 中立 1,380
野村證券 3291 飯田グループ 新規 Neutral 2,070
8977 阪急阪神REIT Neutral Neutral 151,000 155,000
8233 高島屋 Neutral Neutral 2,000 1,600
4593 ヘリオス Buy Buy 2,900
大和証券 4385 メルカリ 新規 1 3,700
2651 ローソン 3 3
8966 平和不動産リート 3 3

-証券会社レーティングまとめ

Copyright© 株式投資情報レーティングマガジン , 2019 AllRights Reserved.