投資株テーマ

大和証券日本株見通し日経平均株価の下値は20,000円を想定

投稿日:

日経平均株価のBPSは約2万円で更なる下落の可能性は低い

今週の株式式市場はトランプ大統領が対中国関税第4弾を発言して、市場は想定外のタイミングからリスクオフ。米国株は史上最高値圏に上昇してた一から急落、NYダウ平均は一時960ドルを超える値下がりとなり今年最大の下落幅となった。

日本株式市場は8月6日に日経平均株価が2万110円76銭まで下落、投資家は2万円割れを意識したが、人民元基準値が7ドルを下回らず押し目買いのタイミングとなり日足ローソク足チャートは長い下ヒゲと陽線を形成して、テクニカル分析からも目先の底打ちとなった。

大和証券レポートでは、今後の日本株見通しを「日経平均株価の下値は20,000円を想定」と紹介している。日本企業4月~6月期決算も終盤戦となり、東証一部上場企業の第1四半期経常利益率は8月8日時点で、前年同期比マイナス1.8%と経常減益。

ドル円相場が1ドル=105円50銭台の円高

ドル円相場は1ドル=105円50銭台まで円高となり、企業の想定為替レート109円35銭より円高に振れていることから、企業業績下振れ懸念が意識されている。

一方で、日経平均一株当たり純資産BPSは約2万円に位置しており、企業解散価値にあたるBPSを押し下げる可能性が低く、外部要因で米中貿易摩擦が市場の混乱要因となるものの、日経平均株価が2万円を大きく割り込む可能性は低いと予想している。

株初心者おすすめ証券会社

岡三オンライン証券
SBI証券
GMOクリック証券
岩井コスモ証券
丸三証券
マネックス証券

楽天カード

大手3証券会社のレーティング情報一覧




コード 銘柄 レーティング 目標株価
SMBC日興 4062 イビデン 3 2 1,300 2,100
6967 新光電工 2 2 860 1,100
3289 東急不動産HD 1 1 830
野村證券 4901 富士フイルム Buy Buy 6,045 6,160
4704 トレンドマイクロ Buy Buy 7,200 6,400
4966 上村工業 Buy Buy 9,500 8,600
6728 アルバック Buy Buy 5,699 5,645
7272 ヤマハ発動機 Buy Buy 2,530 2,300
9735 セコム Buy Buy 11,000 12,000
1808 長谷工 Neutral Neutral 1,410 1,220
4118 カネカ Neutral Neutral 4,500 3,600
4578 大塚HD Neutral Neutral 4,400 4,800
4755 楽天 Neutral Neutral 1,160 1,000
5713 住友金属鉱山 Neutral Neutral 3,220 2,930
6871 マイクロニクス Neutral Neutral 888 846
9792 ニチイ学館 Neutral Neutral 1,280 1,600
大和証券 4324 電通 1 1 6,390 5,440
6744 能美防災 1 1 2,350 2,600
9766 コナミHD 1 1 5,970 5,570
6005 三浦工 2 2 3,500 3,200
6849 日本光電 2 2 3,300 3,330
4246 DNC 3 3 1,550 850
4549 栄研化学 3 3 2,000 1,800
4912 ライオン 3 3 2,200 2,190
6465 ホシザキ 3 3 7,600 7,000
9792 ニチイ学館 3 3 1,500 1,580

-投資株テーマ
-, , ,

Copyright© 株式投資情報レーティングマガジン , 2019 AllRights Reserved.