証券会社レーティングまとめ

日経平均株価予想2018年10月頃に19500円割り込み安値形成

投稿日:

銀行株は割安感が強い

野村證券投資情報銀行セクターのレポートでは、18.3期決算実績よりも構造改革への取組みや中期経営計画、資本政策等が投資家に注目されると指摘。18年後半にかけて、銀行の自助努力や国内マクロ要因に焦点があたる相場展開になるとみて、主要銀行の業績モメンタムは総じて底入れ傾向、3メガバンクのPBRが0.5~0.6倍台で推移するなどバリュエーション面での割安感が強いと評価。セクタースタンス「強気」を継続。個別では、三菱UFJをトップピックに、みずほFGにも注目しています。

10月に日経平均株価は19500円割れ
みずほ証券が発行したテクニカル分析レポートでは、5月はドル円の上値が抑えられ、米国指数も自律反発にとどまると指摘。上値を積極的に買う動きは乏しく、利益確定売りと押し目買いが交錯し日経平均はもみ合い、5月後半は5月SQ値を下回り不安定になると想定。海外投資家の買戻しは峠を超えているとみて、日経平均23000円は5~6月の上値抵抗線、23000円回復維持には3兆円超の売買代金が必要と解説。7月以降は米株安・円高を受け大きく下落し、10月頃に19500円割れで2018年安値を形成、その後は年末に向け反発すると予想しています。

アナリストレポート無料で読める証券会社
岡三オンライン証券
SBI証券
GMOクリック証券
岩井コスモ証券
丸三証券
マネックス証券

大手3証券会社のレーティング情報一覧

コード 銘柄 レーティング 目標株価
SMBC日興 3660 アイスタイル 2 2 1,060 980
4452 花王 1 1 9,100
4901 富士フイルム 1 1 5,000
4922 コーセー 2 2 18,790 20,150
4927 ポーラオルビス 1 1 4,910 5,320
7518 ネットワン 3 3 1,390 1,640
9715 トランス・コスモス 2 2 2,900 2,600
9719 SCSK 2 2 4,700 5,200
8185 チヨダ 3 3 2,500
野村證券 6547 グリーンズ Neutral Buy 2,000 2,160
6750 エレコム Neutral Buy 2,600 3,200
2502 アサヒGHD Buy Buy 6,300 6,400
4768 大塚商会 Buy Buy 5,500 5,250
4927 ポーラオルビス Neutral Neutral 4,180 4,700
6988 日東電工 Neutral Neutral 11,600 9,100
7518 ネットワン Neutral Reduce 1,730 2,050
7735 SCREENHD Buy Buy 12,754 13,099
8283 PALTAC Neutral Neutral 4,660 5,700
9007 小田急電鉄 Neutral Neutral 2,400 2,500
9008 京王電鉄 Neutral Neutral 5,000 5,200
9619 イチネンHD Buy Buy 2,300 2,200
大和証券 8282 ケーズHD 2 2 1,700
2914 JT 2 2 4,000 3,300
4549 栄研化学 2 3 2,650 2,340
9728 日本管財 3 3 2,190 2,250
7164 全国保証 2 2 5,550 5,680




-証券会社レーティングまとめ

Copyright© 株式投資情報レーティングマガジン , 2018 AllRights Reserved.