証券会社レーティングまとめ

掉尾の一振が始まった可能性があり日経平均株価2万3500円を見る

投稿日:

日経平均株価3万円への道筋

エリオット波動レポートを毎日リリースしている三菱UFJモルガン・スタンレー証券が、12月18日の日経平均が大幅に反発して、25日移動平均線が強いサポートラインとして効いており、「掉尾の一振」が始まった可能性があり、そうなれば日経平均は年末にかけて23500円があり得るだろうと紹介している。

同証券による2018年の日経平均見通しは27000円を試し、2019年見通しは3万円も、としている。証券関係者の大半が強気見通しの中で、テクニカル分析から来年の株式相場は日経平均株会が順当に24000円~25000円へ上昇、そして27000円を試す期待も出来そうとしている。

1989年バブル経済時の高値から2008年までの下落に対する61.8%戻りが「26748円」で、27000円まで累積売買代金が少ない「需給の真空地帯」なので、そこまではスムーズに上昇する可能性があると指摘している。2019年は日経平均30000円まで上昇してもおかしくなく、バリュエーションで割高でなく日経平均3万円にバブルは全く必要ないと解説している。

参考ご融資の相談はSMBCモビットへ!
参考一目均衡表テクニカル分析「売りシグナル・買いシグナル」

アナリストレポート無料で読める証券会社
岡三オンライン証券
SBI証券
GMOクリック証券
岩井コスモ証券
丸三証券
マネックス証券

TSUTAYAのスマホTONE

大手3証券会社のレーティング情報一覧

コード 銘柄 レーティング 目標株価
SMBC日興 4732 ユー・エス・エス 新規 2 2,420
2181 パーソルHD 1 1 2,900 3,300
2931 ユーグレナ 2 2 1,140 1,280
6197 ソラスト 2 2 1,710 2,700
8601 大和証券G 3 3 560 700
8604 野村HD 2 2 710 735
8876 リロG 1 1 2,600 4,000
7951 ヤマハ 2 2 3,600
野村證券 5481 山陽特殊鋼 Buy Buy 3,525 3,300
7239 タチエス Buy Buy 2,400 2,350
5991 ニッパツ Neutral Neutral 1,250 1,300
8035 東京エレクトロン Neutral Neutral 21,756 22,039
9101 日本郵船 Neutral Neutral 2,200 2,900
9104 商船三井 Neutral Neutral 3,400 3,900
大和証券 4680 ラウンドワン 3 1 1,000 2,700
4996 クミアイ化学 3 3
6622 ダイヘン 新規 2 1,200
3861 王子HD 3 3 560 700
8972 ケネディクスOF 2 2 680,000 700,000
8975 いちごオフィス 2 3 80,000 83,000




-証券会社レーティングまとめ
-, ,

Copyright© 株式投資情報レーティングマガジン , 2018 AllRights Reserved.