証券会社レーティングまとめ

レイセオン株価下落、米朝軍事行動警戒後退で株式相場はリスクオン

投稿日:

防衛関連銘柄の値下がりは相場見通しリスクオン前兆

レイセオンパトリオットミサイル

9月7日の東京株式市場は堅調スタート、前日まで日経平均株価は北朝鮮が3日に行った水爆実験から地政学的リスクにより投資家はリスクオフ、3日続落となっていたが、東証一部市場の値上がり銘柄数は1000を超えた点は投資家がそろそろ押し目好機と逆張りをした傾向が強い。

株式相場はリスクオンの可能性、為替市場は極度な円高にならず、1ドル109円台で推移。米国連邦債務上限に加え10月以降の予算処置も12月15日に頃まで先送りの方向で合意された模様。これは相場にポジティブ要因となる。

ムードで買われた防衛関連株、石川製作所、豊和工業も9月7日は値下がりとなっている。東証一部市場の値下がり率ランキング1位は石川製作所で、軍事的リスクが後退した印象。特に注目はパトリオットミサイル製造会社の米国レイセオン株価が下落に転じている。

東京株式市場では値動きの良さから石川製作所が上場来高値をつけた、本当に米国と北朝鮮が軍事的リスクが高まっているなら、機雷製造している同社に特需発生というより、パトリオットミサイル製造のレイセオン株価上昇が理屈に合う。これまでレイセオン株価上昇で米国防衛関連株の値上がりが注目されたが、ここへきて急にレイセオン株価下落した点は平和的な観点で注目材料ともいえそうだ。

レイセオン株価下落

アナリストレポート無料で読める証券会社
岡三オンライン証券
SBI証券
GMOクリック証券
岩井コスモ証券
丸三証券
マネックス証券

参考ウォンテッドリーIPOビジネスSNS「Wantedly」マザーズ上場




大手3証券会社のレーティング情報一覧

コード 銘柄 レーティング 目標株価
SMBC日興 5406 神戸製鋼所 2 2 1,100 1,250
5411 JFEHD 2 2 2,100 2,330
5401 新日鉄住金 1 1 3,000
野村證券 3269 アドバンス・レジ Buy Buy 336,000 324,000
6857 アドバンテスト Buy Buy 2,647 2,693
大和証券 1951 協和エクシオ 2 2 1,800 2,300
7182 ゆうちょ銀行 2 2

-証券会社レーティングまとめ
-, , , ,

Copyright© 株式投資情報レーティングマガジン , 2017 AllRights Reserved.