証券会社レーティングまとめ

11月のターゲットリスト来期の利益成長に期待が持てる銘柄

投稿日:

日本株見通し中間決算前後にリバーサルの可能性

SMBC日興証券がリリースした日本株見通しでは、中間決算前後にリバーサルの可能性があると指摘。業績好調が織り込まれバリュエーションが過度に切り上がった銘柄は、中間決算で想定を上回る程のサプライズが出ない場合、利益確定売りが強まっても不思議ではないと解説。11月は「今期」よりも「来期」業績のファクターが効き始めるタイミングとみて、バリェエーションが切り上がった銘柄のうち、来期の利益成長が鈍化しそうな銘柄には利益確定売りが強まり、逆に今期業績は冴えないものの来期に期待が持てる出遅れ銘柄が浮上する可能性があると想定。「11月のターゲットリスト」は、出遅れ感が強く、来期の利益成長に期待が持てる銘柄を中心に選定。綜合警備保障、エムスリー、東レ、電通、新日鉄住金、住友重機、日立、住友商事、イズミ、西武HDを新規採用しています。

アナリストレポート無料で読める証券会社
岡三オンライン証券
SBI証券
GMOクリック証券
岩井コスモ証券
丸三証券
マネックス証券

参考一目均衡表テクニカル分析「売りシグナル・買いシグナル」




大手3証券会社のレーティング情報一覧

コード 銘柄 レーティング 目標株価
SMBC日興 3479 TKP 1 1 2,456 2,700
3938 LINE 2 2 4,400 4,000
6506 安川電機 2 2 3,140 3,350
野村證券 3462 NMF Neutral Buy 172,000 157,000
4217 日立化成 Neutral Buy 3,440 3,700
2413 エムスリー Buy Buy 5,100 5,200
4099 四国化成 Buy Buy 1,950 2,050
4519 中外製薬 Buy Buy 5,700 6,300
6857 アドバンテスト Buy Buy 2,693 2,903
8036 日立ハイテク Buy Buy 5,700 5,851
6755 富士通ゼネラル Neutral Neutral 2,600 2,400
大和証券 6506 安川電機 1 3 4,000
7974 任天堂 1 2 34,300 46,000

-証券会社レーティングまとめ

Copyright© 株式投資情報レーティングマガジン , 2018 AllRights Reserved.