証券会社レーティングまとめ

日本株4月下旬から上昇拡大の公算、海外投資家の買い越し額

投稿日:

日経平均先物手口クレディ、野村に注目

海外投資家

多くの市場関係者が日本株、米国株の底打ちが確認できたという話が増えてきた。2018年大発会からロケットスタート上昇となった日本株が、2月~3月に大きく売り込まれ、4月に再び日経平均株価22000円を回復した。

野村證券では「日本株の回復ペースが今後加速する可能性。海外投資家の買い越し額は4月に大きい季節性」とレポート発行。SMBC日興証券は「日経平均も底入れシグナルが点灯。今後の注目銘柄を考える。遅くとも4月下旬の時間帯以降には上昇拡大の公算」とレポートを発行している。

相場の上下を主導する外国人投資家の手口だが、注目は日経平均先物メインプレイヤーのクレディスイス証券経由のヘッジファンドと推測されるポジション、そして野村證券の日経レバレッジETFの手口が注目される。

クレディスイスが積極的に動き、野村證券が逆張りに動くパターンが業界関係者の間でしばしば話題になる。4月はクレディスイスの売りポジションが買い戻されて相場が反発、そこへゴールドマンサックス経由の海外機関投資家と推測される注文はTOPIX先物買いポジションは、国内政治問題が出ると縮小される傾向がある点も特徴と言われている。

アナリストレポート無料で読める証券会社
岡三オンライン証券
SBI証券
GMOクリック証券
岩井コスモ証券
丸三証券
マネックス証券

大手3証券会社のレーティング情報一覧

コード 銘柄 レーティング 目標株価
SMBC日興 6594 日本電産 1 1 14,400 18,200
野村證券 7649 スギHD Neutral Neutral 5,900 6,400
8984 大和ハウスRE Neutral Neutral 293,000 290,000
3226 日本アコモ Buy Buy 519,000 562,000
大和証券 3543 コメダ 2 2 2,500 2,650
2809 キユーピー 2 3 3,350 2,600
8953 リテールF 3 3
2729 JALUX 停止
3109 シキボウ 停止
4403 日油 停止
4619 日本特殊塗料 停止
6355 住友精密 停止
6469 放電精密 停止
7408 ジャムコ 停止
7779 CYBERDYNE 停止
9377 エージーピー 停止




-証券会社レーティングまとめ
-, , , , , ,

Copyright© 株式投資情報レーティングマガジン , 2018 AllRights Reserved.