証券会社レーティングまとめ

NISA非課税期間の5年目を迎え投資アイデア業績好調ソニー買い

投稿日:

個人投資家の評価損益率が悪化、一部では追証発生

東海東京証券による株式見通しでは、東証マザーズ指数が1000ポイント割れ、TOPIXスモール指数が年初来安値を再びうかがう展開になっていることを受け、信用評価損益率は悪化し、個人投資家の投資余力は徐々に低下してきていると指摘。

今後、リスク許容度が低下した個人投資家がこの数年、良好なパフォーマンスで残高を拡大させた中小型株(ファンド含む)の利益確定売りを強める可能性もあるとみて、NISA非課税期間の5年目を迎えることから、年末にかけて含み益のある中小型株が利益確定売りの対象になる懸念もあると予想。

投資アイデアとして、ソニーなど業績好調で年初来高値を更新している主力大型株の押し目買いを提案しています。

マネックス証券、新規口座開設51000円プレゼントキャンペーン

大手3証券会社のレーティング情報一覧

発表主体 コード 銘柄 レーティング 目標株価
SMBC日興 6049 イトクロ 2 2 5,430 6,100
野村證券 8035 東京エレク Buy Buy 22,843 19,309
7731 ニコン Buy Buy 2,403 2,325
9984 ソフトバンクG Buy Buy 13,830
3468 スターアジア不 Neutral Neutral 116,000 122,000
8957 東急リアル Neutral Neutral 140,000 152,000
大和証券 3382 セブン&アイ 1 1
7167 めぶきFG 3 3 420 400
7731 ニコン 3 3 2,000 2,100
8354 ふくおかFG 2 2
8439 東京センチュリー 2 2 7,900 7,000
8566 リコーリース 3 3 3,800 3,700
8586 日立キャピタル 3 3
8593 三菱UFJリース 2 2 740 710






-証券会社レーティングまとめ

Copyright© 株式投資情報レーティングマガジン , 2018 AllRights Reserved.