証券会社レーティングまとめ

ソフトバンクIPOサウジアラビア太陽光発電などコングロマリット

投稿日:

通信会社ソフトバンクIPO計画

ソフトバンクIPO

ソフトバンクグループ株価が2月~3月に下落した理由には、同社が通信会社のソフトバンクIPOを目指すほか、サウジアラビア太陽光発電など投資分野が広がっている事でコングロマリットディスカウントの要因と指摘。

SMBC日興証券は国内通信事業の業績が2019年3月期下期から回復する事、スプリントへの出資比率が業界再編で低下する事、ソフトバンク・ビジョン・ファンドの出資先ベンチャー企業のIPO(新規株式公開)が2019年後半から徐々に始まり、投資資金の回収時期に入る事、「群」戦略の資産売却入替実行、保険業への投資などでグループ経営の安定化とキャッシュフローの多様化が進むと解説。

アナリストはソフトバンクグループ目標株価を11,000円から11,200円へ引き上げ、レーティング「1」の最上位を継続と紹介している。

アナリストレポート無料で読める証券会社
岡三オンライン証券
SBI証券
GMOクリック証券
岩井コスモ証券
丸三証券
マネックス証券

大手3証券会社のレーティング情報一覧

コード 銘柄 レーティング 目標株価
SMBC日興 2670 ABCマート 2 1 6,600 8,200
9984 ソフトバンクG 1 1 11,000 11,200
8359 八十二銀行 2 2 650 550
1860 戸田建設 2 2 750
8341 七十七銀行 2 2 2,750
野村證券 7751 キヤノン Neutral Neutral 4,746 4,392
2398 ツクイ Buy Buy 1,180 1,070
7731 ニコン Buy Buy 2,331 2,189
1860 戸田建設 Neutral Neutral 840 860
大和証券 3281 GLP 2 2 130,000 125,000




-証券会社レーティングまとめ
-, ,

Copyright© 株式投資情報レーティングマガジン , 2018 AllRights Reserved.