証券会社レーティングまとめ

リチウムイオン電池関連に弱気の見方が浮上、中国の補助金政策の変更

投稿日:

韓国、中国で半導体、電池生産が減少リスク

中国EV自動車向け補助金廃止

リチウムイオン電池関連銘柄に軟調が目立つ、セパレータのダブル・スコープ(6619)は11月の安値1571円に接近するかのうような値動きで株価は1667円まで下落してきている。

中国政府はEV自動車(電気自動車)の補助金対象リストを発表、2016年に発表された認定リスト100社以上を廃止となった。補助金対象が絞られることから電池メーカー、自動車メーカーは値上げでコスト転嫁を迫られることになる。

国内大手証券アナリストは中国でのヒヤリングで、中国電池各社の生産が伸び悩んでいると報告。関東電化、ステラ ケミファ、昭和電工、Wスコープなどがリチウム材料を供給していることから悪影響が出ると警戒している内容のレポートを発行している。




参考猛暑関連銘柄(サマーストック)注目株20社リスト今が仕込み時期
参考東芝上場廃止懸念で株価急落、14日決算発表を延期との観測情報流れ
参考IPOスケジュール|注目の新規上場銘柄を分析
参考東芝 目標株価250円→160円、ゴールドマンサックス証券レーティング

大手証券3社レーティング情報

コード 銘柄 レーティング 目標株価
SMBC日興 5002 昭和シェル 2 2 1,000 1,180
6755 富士通ゼネラル 1 1 3,200 2,600
6952 カシオ計算機 2 2 1,200 1,600
9532 大阪ガス 2 2 500 480
6869 シスメックス 2 2 6,800 6,800
野村 7181 かんぽ生命 Neutral Neutral 2,550 3,000
8595 ジャフコ Neutral Neutral 4,100 4,300
8729 ソニーFHD Neutral Neutral 1,430 2,150
大和 4183 三井化学 3 3 380 640
5108 ブリヂストン 2 3 4,600 4,700
5110 住友ゴム 2 3 1,700 1,900
7832 バンダイナムコ 1 1 4,160
8411 みずほFG 2 3 250 235
1944 きんでん 2 2 1,450 1,800
4523 エーザイ 1 1 8,300
「トレーダーズ・プレミアム」業界最高水準の株式情報サービス 圧倒的な投資情報力!注目銘柄を無料公開!

-証券会社レーティングまとめ
-, ,

Copyright© 株式投資情報レーティングマガジン , 2017 AllRights Reserved.