証券会社レーティングまとめ

ドットフランク法見直しポジティブ金融規制緩和、三菱UFJ「買い」

投稿日:

ドット・フランク法見直し、銀行規制緩和はポジティブ

2月3日、NYダウ2万ドル回復、ゴールドマンサックス、JPモルガンなどウォール街金融のトランプラリー銘柄が上昇をけん引役となった。きっかけはトランプ大統領がドット・フランク法(米国金融規制改革法)を見直す大統領令に署名したことが株式市場の上昇材料となった。リーマンショックで投資銀行業務に規制を掛けたものを緩和しようと動き出した。融資が受けやすくなる、金融の流動性が高まれば経済効果があるという目論見だ。

こうした流れはウォール街にとって大歓迎のトランプ政策で株高要因となる、日本株も三菱UFJフィナンシャル・グループ、みずほフィナンシャルグループ、三井住友フィナンシャルグループ、野村證券を傘下に持つ野村ホールディングスなどが買われた。三菱UFJフィナンシャル・グループは東証一部の売買代金ランキングトップになっている。

著名ストラテジストは銀行規制緩和は米国経済メリット期待できるとして成り行きに注目とコメント。野村證券は具体性に欠けるものの、公約としていたドット・フランク法廃止に向けて野村證券が想定していたよりも早く動き出した点はサプライズ。米国政府が金融規制に向けて動くことは銀行株に支援材料、主要銀行セクターに「強気スタンス継続」として個別では三菱UFJフィナンシャル・グループをレーティング「BUY」、割安感も強く銀行セクターのトップピック銘柄として継続というレポートを発行している。

参考IPOスケジュール2017年|新規上場会社情報
参考信越化学工業(4063)-ウォルター・スコット・アンド・パートナーズ(処分売り)
参考個人投資家買付け銘柄ランキング、上昇相場を想定して逆張りスタイル
参考高成長銘柄・高配当利回り銘柄リスト3月決算時期に注目株投資テーマ
参考野村證券が三菱UFJフィナンシャル(8306)をトップピック銘柄に
参考マネックス証券、新規口座開設51000円プレゼントキャンペーン




大手証券レーティング投資判断一覧表

コード 銘柄 レーティング 目標株価
SMBC日興 1332 日本水産 1 1 780 810
3046 ジェイアイエヌ 1 1 6,500 7,300
4452 花王 2 2 5,040 5,560
7518 ネットワン 3 3 600 700
野村 6753 シャープ Neutral Neutral 180 300
8593 三菱UFJリース Neutral Neutral 500 600
4689 ヤフー Buy Buy 590 640
5801 古河電工 Buy Buy 4,000 4,550
6845 アズビル Buy Buy 3,800 4,000
8001 伊藤忠商事 Buy Buy 1,830 2,020
8252 丸井G Buy Buy 1,600 1,750
大和 1878 大東建託 2 3 21,000 16,000
3626 TIS 3 3
4452 花王 2 2 6,110 6,350
8604 野村 3 2 520 800
2002 日清製粉G 3 3 1,600 1,700
2222 寿スピリッツ 1 1
2371 カカクコム 2 2 2,200 2,000
2440 ぐるなび 3 3 2,900 2,500
4739 CTC 1 1 3,270 3,630
8282 ケーズHD 2 2
9401 TBSHD 3 3
9404 日本テレビHD 1 1 2,550 2,850
9531 東京ガス 1 2 500 550
9532 大阪ガス 3 3 400 430
9533 東邦ガス 4 4 560 630
7261 マツダ 2 2 2,250 2,000

-証券会社レーティングまとめ
-, , , ,

Copyright© 株式投資情報レーティングマガジン , 2017 AllRights Reserved.