証券会社レーティングまとめ

北朝鮮地政学的リスク為替見通し通貨市場オプションのボラティリティ

投稿日:

米朝緊張でVIX指数急上昇も一服

米朝リスクグアムミサイル

米朝リスクが為替市場にも影響を与えた、為替相場は1ドル=108円10銭台までドル安・円高となったが、すぐに1ドル=110円台まで戻した。FX関係者は北朝鮮がグアムへミサイル発射する計画に、米国が軍事行動をする懸念があったがリスクはやや遠のいたとしてドル買い戻しが発生している。

ドル円見通しは108円台~111円台と予想する意見が多いが、111円台から先はドル上値が重たそうという、しかし通貨市場オプション取引のボラティリティ(予想変動率)は、急激な円高・ドル安に備える動きは強まっていないと読まれている。

恐怖指数と呼ばれるVIX指数は史上最低から急上昇したが、米朝緊張がほぐれ一服状態。VIX指数が安定すると「米国株が堅調→リスクオフ後退→円キャリートレード」の支援材料に繋がりやすいとみられ、米国金利2%台で安定すればドルの下支え要因となろう。

米朝開戦(1) (新潮文庫)

中古価格
¥45から
(2017/8/17 12:15時点)

参考相場の天井・底値をチャート分析「アイランドリバーサル」




大手3証券会社のレーティング情報一覧

コード 銘柄 レーティング 目標株価
SMBC日興 2432 DeNA 2 2 2,800 2,500
4324 電通 2 2 5,900 5,600
5214 日本電気硝子 1 1 4,750 4,800
6098 リクルートHD 1 1 2,233 2,400
9766 コナミHD 1 1 5,100 6,100
4704 トレンドマイクロ 2 2 5,500
野村證券 6366 千代田化工建設 Neutral Neutral 680 610
5002 昭和シェル Neutral Neutral 1,050 1,160
6201 豊田織機 Neutral Neutral 5,800 6,200
大和証券 1963 日揮 2 2 1,800 2,000
2587 サントリーBF 3 3
2897 日清食品HD 3 3
6330 東洋エンジ 3 3
6366 千代田化工建設 3 3 600 550
6841 横河電機 3 3 1,900 1,800
7202 いすゞ 1 1
7532 ドンキホーテHD 3 3 4,200 4,400
5706 三井金属鉱業 1 1 550 660
5714 DOWA 2 2
6845 アズビル 3 3 4,300 4,500
7272 ヤマハ発動機 2 2
8410 セブン銀行 3 3 370 440
9435 光通信 2 2 11,230 13,500

-証券会社レーティングまとめ
-, , ,

Copyright© 株式投資情報レーティングマガジン , 2017 AllRights Reserved.