証券会社レーティングまとめ

日経平均テクニカル分析2万2500円を上回ると上昇再開の可能性

投稿日:

日経平均株価2点底を形成して上昇波動へ

日経平均株価は25日移動平均線を上回り、一目均衡表の雲の上限を上抜けた。わずか2週間前は米中貿易摩擦の過熱を警戒するリスクオフから、リスク資産売り=株安となり、7月5日安値2万1462円まで下落して、75日移動平均線も下回りネガティブマインドだった。

ここへきて、投資マインドが一転して強気に傾く傾向が出ている。SMBC日興証券では上海総合指数が7月5日の2733ポイントで下げ止まり、日経平均株価は3月安値2万617円を割り込まずに反発、W底を形成して上昇始めたことに注目。

今後、上海総合指数は2880ポイント処を上回ると当面の底入れの可能性が高まり、日経平均株価は2万2500円処の節目を上回ると、上昇再開の可能性が濃厚になると解説している。

マネックス証券、新規口座開設51000円プレゼントキャンペーン




大手3証券会社のレーティング情報一覧

コード 銘柄 レーティング 目標株価
ゴールドマンサックス 7974 任天堂 中立 買い 47,400 47,000
3234 森ヒルズ 中立 中立 165,000 169,000
野村證券 8035 東京エレク Buy Buy 27,535 22,843
8036 日立ハイテク Buy Buy 5,743 5,716
8960 Uアーバン Buy Buy 188,000 197,000
3279 アクティビア Buy Buy 580,000 585,000
大和証券 3349 コスモス薬品 3 3 22,000 23,600
4555 沢井製薬 3 3 5,100 5,500

アナリストレポート無料で読める証券会社

岡三オンライン証券
SBI証券
GMOクリック証券
岩井コスモ証券
丸三証券
マネックス証券

-証券会社レーティングまとめ
-, , ,

Copyright© 株式投資情報レーティングマガジン , 2018 AllRights Reserved.