証券会社レーティングまとめ

小売決算ポジティブ良品計画、ユニーファミマ、ローソンはネガティブ

投稿日:

良品計画とユニーファミマ決算ポジティブ

ローソン(2651)
2018年2月期の営業利益は前期比10.8%減益の658億円、会社計画は685億円だったが、これを下回る内容でネガティブ。株価は前引けで330円安の6760円と投資家から失望売りを誘った。

良品計画(7453)
決算ポジティブサプライズで大幅高、2018年2月期の営業利益は前期比18.3%増の453億円、会社計画の426億円を大幅に上回りポジティブ。株価は前引けで1950円高の36450円と大幅高。

ユニー・ファミリーマートHD(8028)
決算実績は減益だが、2019年2月期の営業利益予想が2.4倍の685億円、ドンキホーテHD(7532)との提携で事業テコ入れが強気の業績見通しを好感。株価は前引けで260円高の9230円。

イオン(8267)
業績上方修正発表済み(3月28日)で、2018年2月期の営業利益が前年比13.8%増益の2103億円はサプライズ無しの想定線。2019年2月期の会社計画は14.1%増益の2400億円を目指す。株価は前引けで80円高の2013.5円。

アナリストレポート無料で読める証券会社
岡三オンライン証券
SBI証券
GMOクリック証券
岩井コスモ証券
丸三証券
マネックス証券




大手3証券会社のレーティング情報一覧

コード 銘柄 レーティング 目標株価
SMBC日興 4508 田辺三菱製薬 1 1 2,800 2,400
7180 九州FG 2 2 650 550
7189 西日本FHD 2 2 1,250 1,350
3407 旭化成 2 2 1,620
4183 三井化学 1 1 4,650
6471 日本精工 2 2 1,850
8001 伊藤忠商事 1 1 2,440
8002 丸紅 2 2 880
8031 三井物産 2 2 2,130
8053 住友商事 1 1 2,150
8058 三菱商事 1 1 3,650
2768 双日 2 2 370
8015 豊田通商 2 2 4,630
野村證券 7581 サイゼリヤ Neutral Neutral 4,300 3,200
大和証券 3048 ビックカメラ 2 2 1,750 2,000

-証券会社レーティングまとめ

Copyright© 株式投資情報レーティングマガジン , 2018 AllRights Reserved.