証券会社レーティングまとめ

トランプ記者会見後にドル下落、トヨタ自動車など日本企業に影響が

投稿日:

 ドル下落、シカゴ投機筋のポジション注目

トランプ記者会見後にドル下落が加速、1ドル=114円台までドル安/円高が進み日本株は下げ幅を拡大。日経平均株価は一時、260円以上下落して19095円台の安値をつけた。前場はとりあえず19000円台をキープ出来たが投資家心理はドル下落の先行きと日経平均株価の下値目途が話題になってきた。「シカゴ投機筋の円売りポジション積み上がる、トランプ記者会見の発言に注目」で触れたようにFX投資家はドル下落に警戒感を持ってたので敏感に対応できた様子。

株式市場では調整色が濃くなったところでも、日本カーボン(5302)が続伸して高値を更新、不二越(6474)の決算が良かったポジティブサプライズとの声や、アズジェント(4288)がIoT関連銘柄、サイバーセキュリティ関連として注目度が高まる材料に株価上昇した。

〈新版〉本当にわかる為替相場

新品価格
¥1,728から
(2017/1/12 11:57時点)

/p>

これからの日本の論点 日経大予測2017

新品価格
¥1,627から
(2017/1/12 11:59時点)

 

トランプTwitter、トヨタ影響が出始めた

先週、トランプ氏がTwitterで「ありえない!」とトヨタ自動車のメキシコ工場建設を名指しで批判することが起きた。このTwitter報道からトヨタ株が急落、日本の自動車メーカー株は軒並み安となった。トヨタ自動車株価チャートは25日移動平均線を割り込み始めた、マツダ(7261)は既に明確に25日移動平均線を下回り株価調整入りが濃厚。日産自動車(7201)、ホンダ(7267)、富士重工(7270)なども、今後トランプ氏の影響が及ぶのとドル下落で円高が進めば輸出関連の特に自動車株には株価調整する材料になってくる。

トヨタ株価チャートTwitterトランプ

マツダ株価チャート25日線割り込む

参考トランプTwitterトヨタ影響「米国工場建設か多額の関税を払わせる」
参考IPO情報シャノンは2017年最初の新規株式公開で初値パフォーマンス
参考トランプトレード継続、上昇率の大きい30銘柄リスト




大手証券レーティング投資判断一覧表

コード 銘柄 レーティング 目標株価
SMBC日興 4927 ポーラオルビス 1 2 9,240 9,880
6674 GSユアサ 1 2 460 450
7186 コンコルディア 2 1 500 650
8354 ふくおかFG 1 2 450 550
8418 山口FG 2 1 1,100 1,500
3349 コスモス薬品 2 2 19,000 21,500
4062 イビデン 3 3 1,000 1,100
6810 日立マクセル 1 1 2,000 2,400
6988 日東電工 2 2 6,600 9,700
8905 イオンモール 2 2 1,760 1,750
野村 4543 テルモ Buy Buy 5,200 5,500
2651 ローソン Neutral Neutral 8,800 8,650
8267 イオン Neutral Neutral 1,550 1,650
大和 7201 日産自動車 3 3
7202 いすゞ自動車 1 1
7203 トヨタ自動車 2 2
7205 日野自動車 3 3
7211 三菱自動車 3 3
7261 マツダ 2 2
7267 ホンダ 3 3
7269 スズキ 3 3
7270 富士重工業 2 2
7272 ヤマハ発動機 2 2
2670 ABCマート 3 3
5019 出光興産 3 3 1,970 3,000
1377 サカタのタネ 2 2 3,450 3,900
3289 東急不動産 2 2 900 850
5002 昭和シェル石油 3 3 900 1,030
5012 東燃ゼネ石 3 2 920 1,480
5017 富士石油 2 3 380 350
5020 JXHD 3 2 400 580
5021 コスモエネルギー 3 2 1,210 2,000
6082 ライドオン 2 3 1,500 900
マトリックストレーダー FX無料デモトレード実施中

-証券会社レーティングまとめ
-, , , ,

Copyright© 株式投資情報レーティングマガジン , 2017 AllRights Reserved.