証券会社レーティングまとめ

トヨタ決算発表は物足りないが再度業績上方修正の可能性を含んでいる

投稿日:

トヨタ決算は控え目で再度の上方修正を見込む

2月6日、円安で業績の回復がどれだけみられるか注目のトヨタ自動車が決算発表を行った。2017年3月期の連結純利益を前期比33%減の1兆5500億円から同26%減の1兆7000億円に上方修正した、従来よりも1500億円利益が増加するという。

市場関係者は「1500億円だけ?」と失望売りとなった、7日朝のトヨタ自動車株価は売り気配から始まり寄り付きは9時3分、前日比103円安の6390円で寄り付き6312円まで急落した。

証券会社の投資判断(レーティング)を変更する証券会社は出てこなかった、国内大手証券アナリストは「保守的すぎる」という内容のレポートを発行、ヨーロッパ系大手証券は「やや物足りない内容」とレポートを発行しているが、いずれも投資判断は変更せず目標株価も7000円台、8000円台のまま時価6300円台とか大きくかけ離れている。

市場では政治的要因もあるという意見も出ている、トヨタ自動車社長と安倍首相が都内で先週会談している。2月10日に日米首脳会談があるために、トランプ大統領が口撃するトヨタ自動車や日本の自動車産業の打ち合わせがあったと推測されている。

トヨタが良すぎる決算発表を出せばトランプ大統領に「こんなにトヨタが儲かっているなら・・」と攻め入る口実を作ってしまう、しかし控え目な決算だと投資家や市場は失望して株価下落を招いてしまう、こうした政治的要因もあったのではないか?という話だ。

参考IPOスケジュール2017年|新規上場会社情報
参考タカタは法的整理か上場廃止か?それともスポンサーと円満的に経営再建か?
参考マネックス証券、新規口座開設51000円プレゼントキャンペーン




大手証券レーティング投資判断一覧表

コード 銘柄 レーティング 目標株価
SMBC日興 3665 エニグモ 新規 1 2,250
3769 GMOPG 新規 1 6,730
2296 伊藤ハム米久HD 1 1 1,270 1,320
2811 カゴメ 2 2 2,790 3,050
7606 Uアローズ 2 2 3,200 3,500
2398 ツクイ 2 2 850
4508 田辺三菱製薬 1 1 2,500
5002 昭和シェル 2 2 1,000
野村 3401 帝人 Buy Neutral 2,720 2,440
6146 ディスコ Buy Buy 16,079 16,862
6965 浜松ホトニクス Buy Buy 3,400 4,200
7189 西日本FH Buy Buy 1,300 1,600
7269 スズキ Buy Buy 4,900 5,200
7735 SCREEN HD Buy Buy 8,180 10,153
8804 東京建物 Buy Buy 1,910 2,000
9684 スクエニHD Buy Buy 4,200 3,800
大和 4902 コニカミノルタ 2 3 1,280 1,060
6418 日本金銭機械 3 3
6702 富士通 1 1
6869 シスメックス 2 2 7,870 7,770
9739 NSW 2 2 1,460 1,630
1942 関電工 2 2 1,080 1,070
2220 亀田製菓 2 2 6,000 5,400
4569 キョーリンHD 3 3
4676 フジメディアHD 3 3
5332 TOTO 2 2 4,800 4,600
7817 パラマウント 3 3 4,440 4,780
7988 ニフコ 2 2
8697 JPX 3 3 1,500 1,700
9413 テレ東HD 2 2 2,670 2,900
9783 ベネッセHD 4 4
7164 全国保証 1 1
7267 ホンダ 3 3
9831 ヤマダ電機 2 2
数量限定!お得なキャンペーンモデルを特別価格で提供! 口座開設キャンペーン!最大20,000円キャッシュバック!

-証券会社レーティングまとめ
-, , , , , ,

Copyright© 株式投資情報レーティングマガジン , 2017 AllRights Reserved.