証券会社レーティングまとめ

三菱UFJフィナンシャル・グループ決算トップピック推奨を継続

投稿日:

2018年3月期第1四半期決算(2017年4月~6月期)

メガバンク株価上昇

【野村證券】
銀行セクターのレポートでは、大手行の2017年4月~6月期決算を受け、総じて会社計画線で推移したと指摘。PBR0.6倍前後の3メガバンクの株価バリュエーションには割安感が強いとの見方で、三菱UFJフィナンシャル・グループの決算は、連結収益力がセクター内で際立った好決算と評し、トップピックを継続。主要銀行に対する強気スタンスを継続しています。

【クレディスイス証券】
半導体セクターのレポートでは、6~9ヵ月の時間軸では新規のアップサイドカタリストよりも中国スマホ生産計画の弱さや半導体在庫調整などのリスク警戒の材料を織り込みやすく、株価アップサイドは限定的と指摘。それでも、2018年下期以降のWFE設備投資見通しに強気の見解に変わりはないとして、株価の調整具合によって長期的な押し目買いのスタンスに変更はないと指摘。長期トップピック銘柄としてディスコを紹介しています。

参考マネックス証券、新規口座開設51000円プレゼントキャンペーン
参考あなたのトレードを徹底サポート岡三オンライン証券




大手3証券会社のレーティング情報一覧

コード 銘柄 レーティング 目標株価
SMBC日興 7274 ショーワ 2 2 1,150 1,350
野村證券 9697 カプコン Neutral Neutral 2,600 3,000
9684 スクエニHD Buy Buy 3,800 4,500
4091 大陽日酸 Neutral Neutral 1,260 1,400
4901 富士フイルム Buy Buy 4,773 5,381
8955 日本プライム Neutral Neutral 418,000 376,000
6951 日本電子 Neutral Neutral 600 570
8129 東邦HD Neutral Neutral 2,550 2,400
4555 沢井製薬 Neutral Neutral 7,000 6,600
6273 SMC Buy Buy 44,600 48,400
大和証券 2267 ヤクルト 3 3 6,500 7,800
2269 明治HD 2 2
3097 物語コーポ 2 2 6,000 7,000
3932 アカツキ 2 2
4246 DNC 2 2 1,800 1,900
6036 KeePer技研 2 2
6098 リクルートHD 1 1 2,633 2,700
6724 セイコーエプソン 2 2 2,700 3,100
9747 アサツーDK 3 3
2181 パーソルHD 3 3
3397 トリドールHD 2 2
4321 ケネディクス 2 2 770 790
4326 インテージHD 3 3
6302 住友重機 3 3
7012 川崎重工業 3 3
7205 日野自動車 3 3
7747 朝日インテック 1 1 7,000 7,280
8113 ユニチャーム 3 3 3,020 2,720
8252 丸井G 1 1

-証券会社レーティングまとめ
-,

Copyright© 株式投資情報レーティングマガジン , 2017 AllRights Reserved.